ハプログループCT (Y染色体)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハプログループCT (Y染色体)の意味・解説 

ハプログループCT (Y染色体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/23 14:11 UTC 版)

ハプログループCT (Y染色体)とは、父系で遺伝するY染色体の特定のSNPを持つ集団(Y染色体ハプログループ)のうち「M168」のSNPを持つ集団のことである。一部のアフリカ人以外の総ての人類共通祖先の男性Y染色体の型である。ユーラシアン・アダムとも呼ばれる。


  1. ^ ハプログループは「A」と「B」はCTの子孫ではない。CTの子孫のうち、「E」以外の系統は出アフリカを果たし、「E」はアフリカにとどまった。すなわち「A」、「B」、「E」が非出アフリカ組、「D」、「CF」が出アフリカ組である。


「ハプログループCT (Y染色体)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハプログループCT (Y染色体)」の関連用語

ハプログループCT (Y染色体)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハプログループCT (Y染色体)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハプログループCT (Y染色体) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS