ニコラウス・ステノとは?

ニコラウス・ステノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 17:25 UTC 版)

ニコラウス・ステノ(ラテン語:Nicolaus Steno)またはニールス・ステンセン(デンマーク語:Niels Steensen, 1638年1月11日ユリウス暦1月1日) - 1686年12月5日(ユリウス暦11月25日)) は、デンマーク生まれの17世紀の科学者、カトリック教会司教福者に列せられる。化石の研究から地層の生成を考察した『固体の中に自然に含まれている固体についての論文への序文』(1669年)[1]地質学の先駆的な著書である。解剖学の分野で耳下腺管(ステノ管)を発見した。


  1. ^ 原題は"De solido intra solidum naturaliter contento dissertationis prodromus"、英語では"Preliminary discourse to a dissertation on a solid body naturally contained within a solid" 。日本語では『プロドロムス』とも略称される。
  2. ^ ガブリエル・ゴオー 『地質学の歴史』 菅谷暁訳、みすず書房、1997年(原著1987年)、86-102頁。ISBN 4622039583


「ニコラウス・ステノ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニコラウス・ステノ」の関連用語

ニコラウス・ステノのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニコラウス・ステノのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニコラウス・ステノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS