スギ・ヒノキ暗色枝枯病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > スギ・ヒノキ暗色枝枯病の意味・解説 

スギ・ヒノキ暗色枝枯病

和名:スギ・ヒノキ暗色枝枯病
学名病原菌Guignardia cryptomeriae Sawada
    (完全世代
分布
 
写真(上):損,症状
写真(下):樹幹陥没
説明
スギでは苗木から成木に,ヒノキでは主に幼齢木に発生する。またカラマツにも発生が知られている。病原菌東北地方以南広く分布するが,被害西南暖地とくに九州四国に多い。病原糸状菌一種子のう菌類属する。外観健全な部分にも生息していることが多いである。付け根中心に紡錘形の胴病斑を形成し,症状樹幹陥没や材の変色引き起こす。また,黒心材原因一つでもある。干害相まって集団的な被害引き起こす寒風害,干害ともなって発生することから,こうした気象害の発生しやすい場所を避けることが望ましい。(不完全世代Macrophoma sugi Hara
枯損,枝枯症状

樹幹の陥没






スギ・ヒノキ暗色枝枯病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スギ・ヒノキ暗色枝枯病」の関連用語

スギ・ヒノキ暗色枝枯病のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スギ・ヒノキ暗色枝枯病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2021 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2021 Weblio RSS