サプライサイドプラットフォームとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サプライサイドプラットフォームの意味・解説 

サプライサイドプラットフォーム

【英】Supply-Side Platform, SSP

サプライサイドプラットフォームとは、オンライン広告において、媒体社メディア)の広告枠販売広告収益最大化などを支援するツールのことである。略して「SSP」と呼ばれることが多い。

サプライサイドプラットフォームでは、主に、広告インプレッション発生するごとに最適広告自動的選択し、収益性向上を図る、といった仕組みが提供されている。具体的にどのような方式採用されているかは個々サービスによって異なるが、アドネットワーク一元的管理アドエクスチェンジリアルタイム入札RTB)、などに対応している場合が多い。

配信する広告決定される際には、eCPMだけではなくユーザー行動履歴属性などといったオーディエンスデータなどが利用される場合が多い。また付加的機能として、特定の純広配信し、配信期間やインプレッション回数制御するといった、アドサーバーとしての利用も可能である場合が多い。これらによって収益最大化だけでなく広告管理全体的効率化実現できる。

2011年11月現在、国内で提供されているサプライサイドプラットフォームの例としては、オーディエンスターゲティングを中心としたMicroAdの「ADfunnel」、訪問者広告閲覧回数に基づいた広告収益最大化特長とした「Kauli」、スマートフォン向けのサプライサイドプラットフォーム「SSPapri」などがある。

なお、媒体社の側を支援するサプライサイドプラットフォームに対してクライアント側(広告主)を支援するシステムは、「デマンドサイドプラットフォーム」と呼ばれている。


参照リンク
ADfunnel - (MicroAd)
Kauli
SSPapri - (スパイア
Webマーケティングのほかの用語一覧
インターネット広告:  リエンゲージメント広告  ローカルリスティング  SMO  サプライサイドプラットフォーム  成果保証型広告  純広  ソーシャルバナー広告


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サプライサイドプラットフォーム」の関連用語

サプライサイドプラットフォームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サプライサイドプラットフォームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサプライサイドプラットフォームの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS