デマンドサイドプラットフォームとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > デマンドサイドプラットフォームの意味・解説 

デマンドサイド‐プラットホーム【demand side platform】


デマンドサイドプラットフォーム

【英】Demand-Side Platform, DSP

デマンドサイドプラットフォームとは、オンライン広告において、広告主購入者)側の広告効果最大化支援するツールのことである。

デマンドサイドプラットフォームは、広告主が行予算管理入稿管理掲載面の管理予算ターゲットとするユーザー属性などに基づいた最適広告枠選定、あるいは、過去成果反映することで行われる配信条件最適化、といった機能提供する

広告主側を支援するデマンドサイドプラットフォームに対して広告枠販売者側を支援するツールは「サプライライドプラットフォーム」(SSP)と呼ばれる

デマンドサイドプラットフォームとサプライライドプラットフォームは、純広のような1対1売買ではなく多対多接続して広告枠競争入札を行う「アドエクスチェンジ」、および、「リアルタイム入札」(RTB)を実現する。

Webマーケティングのほかの用語一覧
インターネット広告:  テキスト広告  デジタルサイネージ  ティーザー広告  デマンドサイドプラットフォーム  ディスプレイ広告  ディスプレイ広告ビルダー  ドロップシップ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デマンドサイドプラットフォーム」の関連用語

デマンドサイドプラットフォームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デマンドサイドプラットフォームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデマンドサイドプラットフォームの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS