カテゴリー化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カテゴリー化の意味・解説 

カテゴリー‐か〔‐クワ〕【カテゴリー化】

読み方:かてごりーか

[名](スル)分類すること。「情報を―して整理する


カテゴリー化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 07:01 UTC 版)

認知言語学」の記事における「カテゴリー化」の解説

認知言語学におけるカテゴリー化の議論はエレノア・ロッシュらの研究端を発するものであり、認知言語学生み出すきっかけ一つとなった全成員に共通する属性によってカテゴリー規定しようとする古典的なカテゴリー観に代わりプロトタイプ理論基本レベルカテゴリーの概念提唱しており、それらに基づいて言語記述している。 また語の意味は、その語の使用想起する典型的な状況百科事典的知識世界知識)と切り離すことができないとされるチャールズ・フィルモアらのフレーム意味論や、ジョージ・レイコフ理想認知モデルは、この考え基づいた議論である。

※この「カテゴリー化」の解説は、「認知言語学」の解説の一部です。
「カテゴリー化」を含む「認知言語学」の記事については、「認知言語学」の概要を参照ください。


カテゴリー化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 18:12 UTC 版)

精神障害の診断と統計マニュアル」の記事における「カテゴリー化」の解説

DSM-IVカテゴリー分類体系である。そのカテゴリー原型であり、その原型に近似した関係にある患者が、その障害有すると考えられるDSM-IVは「精神障害それぞれのカテゴリーは、絶対的な境界を持つまった別の実態であるという前提はない」と記している。しかし、孤立した軽度かつ非基準的な障害挙げられていない症状は重要とされていない修飾子時に用いられ、それは、ある障害軽度中等度、重度の態といったものである。その障害のほぼ半数は、症状が「社会的職業的、あるいは他の機能的な領域において、臨床的に有意に苦痛あるいは障害となっているのに十分でなければならないとはいえチック症から苦痛基準と、いくつかの性的倒錯自我同調的(英語版)に自然であるので削除したそれぞれの障害カテゴリーには、ICD-10手続コード化方式英語版)を受け継ぐ数値コードがある。

※この「カテゴリー化」の解説は、「精神障害の診断と統計マニュアル」の解説の一部です。
「カテゴリー化」を含む「精神障害の診断と統計マニュアル」の記事については、「精神障害の診断と統計マニュアル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カテゴリー化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カテゴリー化」の関連用語

カテゴリー化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カテゴリー化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの認知言語学 (改訂履歴)、精神障害の診断と統計マニュアル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS