アンカー船位保持とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > アンカー船位保持の意味・解説 

アンカー船位保持

読み方あんかーせんいほじ
【英】: anchor positioning system

係留索に接続された何本かのアンカー海底設置することによってセミサブマーシブル・リグドリル・シップなどの浮遊海洋掘削装置坑井位置保持することをいう。浮遊海洋掘削装置は、風、波、潮流などの外力により位置変動するが、この位置変化海底坑口装置掘削装置を結ぶライザー・パイプ挙動大きな影響与え掘削作業支障を来すこのため、船位の変動最小抑えるようにアンカー船位保持を行うことが重要である。そのため掘削地点での掘削間中の船位変動最小にする係留条件求める、ライザーおよび係留挙動解析実施される。係留挙動解析は以下の手順により行われる
(1) 事前調査掘削地点気象海象データ入手、および海底土質サンプリングを行う。
(2) 把駐力算定事前調査海底土質調査結果に基づきアンカーおよび係留索のチェーン(またはワイヤー)の合計把駐力求める。
(3) 装置に加わる外力算定事前調査海象気象データよりその海域気象海象によって加わる外力算定する。
(4) 最適係留条件決定アンカー係留索のカテナリー解析に基づく変位量を求め最大稼働率が得られる係留条件(アンカー・ライン長、アンカー・ライン張力アンカー配置など)を決定する。
アンカーにより船位保持が可能な水深気象海象条件左右されるが、一般に 500m が限界といわれ、それ以上の水深では自動船位保持ダイナミック・ポジショニング・システムDPS)が使用される。

図 チェーン係留システム例


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンカー船位保持」の関連用語

1
58% |||||

アンカー船位保持のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンカー船位保持のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2019 Weblio RSS