アイレベルとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > アイレベルの意味・解説 

アイレベル 【eye level】

カメラマンが立った姿勢カメラ構えたときのカメラの高さをいう。

アイレベル

人が立った時の目の高さのこと。住宅では視線の高さあたりに位置する、設備収納スペースのことをさす。システムキッチン等でよく使われる言葉で、調理を行うカウンターから上部収納までの空間がアイレベルゾーンと呼ばれる日常、よく使用する物は、このレベルに置く(設置)する事が多い。

アイレベル

「アイレベル」とは、目の高さのこと。住宅では視線の高さあたりに位置する、設備収納スペースのことを指す。システムキッチンなどでよく使用される言葉で、キッチン作業において、使用したい食器調理器具が、一番見やすく出し入れしやすい位置、すなわち、立った状態での視線の高さあたりにあると便利であるという考え方から生まれた。調理行なうカウンターから上部収納までの空間を「アイレベルゾーン」と呼ぶ。収納スペースを指す表現として他に、ハンドスペースがある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイレベル」の関連用語

アイレベルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイレベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2019 Japan Video Software Association
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2019 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2019 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.

©2019 Weblio RSS