はす葉氷とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 海の事典 > はす葉氷の意味・解説 

はす葉氷(はすばごおり)pancake ice

海氷初期段階薄い板状軟氷はもろく、うねりにがあると波長半分程の大きさ分割される。氷板は、回転しながらぶつかり合ってその縁がまくれ上がって、直径が0.3〜3mのはす()ののような形になる。これをはす葉氷という。

はす葉氷(pancake ice)

互いにぶつかり合って縁がまくれ上がったほぼ円形氷塊直径30cm~3m厚さは約10cmになる。グリース・アイス雪泥スポンジ氷などから弱いうねりで作られたり,氷殻ニラス壊れたり,波やうねりの激しい時は薄い板状軟氷壊れたりしてできる。また,しばしばある深さで,物理的性質異なった水塊間の境界面でできて表面に浮いてくることがあり,急速に広い海面を覆う。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はす葉氷」の関連用語

はす葉氷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はす葉氷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2020 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日本雪氷学会日本雪氷学会
この記事は、気象庁「海洋観測指針」(1999)のデータを基に、(社)日本雪氷学会が気象庁の許諾を得て電子化した「海氷分類の用語集」を転載しております。

©2020 Weblio RSS