のけるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 博多弁 > のけるの意味・解説 

しり ぞ・ける [4] 【退ける・斥ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 しりぞ・く
うしろへ下がらせる。去らせる。 「家来を-・ける」
(向かって来るものを)あとへ引かせる。撃退する。 「挑戦者を-・ける」
相手要求などを受け入れない。用いない。 「要求を-・ける」 「諫臣を-・ける」
公の地位から身を引かせる。地位を落とす。 「陽成-・けられ給ひし時/正統光孝」 〔「退く」に対す他動詞

ど・ける [0] 【退ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ど・く
〔「のける」の転。近世以降の語〕
邪魔な物をその場所からわきへうつす。どかす。 「通れないからその椅子を-・けて下さい

の・ける [0] 【退ける・除ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 の・く
現在の位置から去らせる。どける。 《退》 「押し-・ける」 「それがしを-・けうよりもそちがのけ/狂言牛馬
物をよそへ移す。どける。 《除》 「石を-・ける」
除外する。取りのぞく。 《除》 「の食った豆は-・けておく」 「部屋代と食費を-・けると,手もとにいくらも残らない」 「取り-・ける」
補助動詞動詞連用形に「て」の付いた形に付く。
困難なことを)みごとにしとげるしおおせる意を表す。 「困難な仕事をみごとにやって-・けた」
やりにくいことを)あえてする,思いきってしてしまう意を表す。 「思ったままを平気で言って-・ける」 〔「のく」に対す他動詞
表記のける(退・除
退ける」は“どける。なしとげる”の意。「押し退ける」「平気でやって退ける」 除けるは“取りのぞく”の意。「不良品除ける」「石を除ける」「取り除ける

ひ・ける [0] 【引ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ひ・く
(「退ける」とも書く)仕事課業・店などがしまいになる。終わる。 「会社が-・ける」 「店が-・ける」
気後れがする。引け目を感じる。 「気が-・ける」
見劣りがする。貧相である。 「座中それは-・けて見ゆると大笑ひになりたれど/浮世草子好色破邪顕正
衣服がいたむ。破れる。 「さはつたら-・けさうな羽織を着て歩く/滑稽本浮世風呂


のけ・る【退ける】

方言味・解
のけ・る【退ける】他動下一)どける。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「のける」の関連用語

のけるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



のけるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2019 博多弁推進会

©2019 Weblio RSS