せりだしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > せりだしの意味・解説 

せり‐だし【迫り出し】

上へ押し上げ少しずつ出すこと。

⇒迫(せ)り上げ


せり‐だし【迫出】

〔名〕

せりだすこと。押し上げ少しずつ出すこと。

劇場で俳優大道具を、奈落から舞台、または花道押しあげ出すこと。また、その装置せりあげ。せり。

迫出&wc2;〈戯場訓蒙図彙〉の画像

洒落本廓中美人集(1779)異見の段「羽紫の寺にセリ出しでも出来る物ならば、幽霊にもなられふに」


迫り出し

読み方:せりだし

サ行五段活用動詞迫り出す」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

せりだし 【せり出し】

同じサイズの紙を重ねて折ると、内側の紙が、紙の厚さ分だけ外に飛び出す。この、飛び出し部分を「せり出し」という。
せりだし

せり出し

読み方:せりだし

  1. ①〔演〕歌舞伎劇舞台一定の所にある奈落通ずる穴から、人物道具が出ること。「千代萩」で男之助が鼠を踏まへ奈落から舞台へ出るが如きをいふ。「せりあげ参照。②〔俗〕妊娠すること。腹がせり出すの意。

分類


せり出し

読み方:せりだし

  1. 妊娠することをいふ、腹が前方せり出すからいつたもの。

セリ出し

読み方:せりだし

  1. 千代萩』で床下の男之助(をとこのすけ)が鼠を踏まへ奈落から舞台へ出るやうなのをせり出しといふ。〔歌舞伎
  2. 奈落から、役者乗せて、切穴通して舞台セリ上げ道具
  3. 芝居舞台下から段々舞台面に出てくる事。
  4. 〔演〕奈落から舞台役者をそろそろ押上げること。

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せりだし」の関連用語

せりだしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せりだしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS