ぎゃくコンパイルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > コンパイル > ぎゃくコンパイルの意味・解説 

逆コンパイル

読み方:ぎゃくコンパイル
別名:デコンパイル
【英】decompiler

逆コンパイルとは、0と1表現される機械語によって書かれたプログラム記述オブジェクトコード)を、高級言語などへ変換を行うことである。

機械語を、人間から見て理解しやすいアセンブリ言語変換する逆アセンブルとは区別されるもので、アセンブリ言語以外の高級な言語変換することを指して、特に逆コンパイルと呼ぶ。なお、逆コンパイルを行うためのプログラム逆コンパイラと呼ぶ。

元のソースコードに含まれている変数名などが、コンパイルを行った際になくなっているため、逆コンパイルによって、元のソースコードコンパイル前の状態に復元することは難しいが、特にJavaによって記述されたプログラムは、逆コンパイルが比較的容易であると言われている。

なお、ソフトウェア利用規定などで著作権保護観点から、逆コンパイルを禁止している場合もあるので注意が必要である。

プログラミングのほかの用語一覧
開発環境:  逆アセンブラ  逆アセンブル  逆コンパイラ  逆コンパイル  共有ライブラリ  行番号  コンパイラ





ぎゃくコンパイルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぎゃくコンパイル」の関連用語

ぎゃくコンパイルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぎゃくコンパイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ逆コンパイルの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS