かんとだきとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 但馬方言 > かんとだきの意味・解説 

かんとう‐だき〔クワントウ‐〕【関東煮き/関東炊き】

関西で、煮込みおでんのこと。関東煮(に)。かんとだき。《 冬》


かんと(う)だき

但馬方言共通語用例備考
かんと(う)だき おでん 今日は寒いで、かんとうだきしようかなあ。 私の幼い頃は「かんと(う)だき」が優勢であったが、現在では「おでん」の方が優勢になっている

かんとだき

大阪弁 訳語 解説
かんとだき おでん
熬店、黒輪
関東煮」と書く。ダイコン、ちくわ、あつあげ、がんも、ゴボウ天、ゆで卵里芋こんにゃく牛すじ肉、巾着の舌などを出汁醤油味で煮込んだ鍋料理ちくわぶはんぺん存在そのもの知らない関西関東のおでん(御田)が伝わったのは東京オリンピック開催の年、東海道新幹線開通してからのこと。昭和30年代まで関西では「でんがく田楽)」であった。田楽豆腐四角切って串刺しにして味噌付けて焼いたもので、田楽踊りに似ていたところから。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

かんとだきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かんとだきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2021 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS