えんたいとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > えんたいの意味・解説 

えん‐たい【延滞】

[名](スル)

物事が順調に進まないで、とどこおること。遅滞淹滞(えんたい)。「貨物輸送が延滞する」

納入支払いとどこおること。「授業料が延滞している」


えん‐たい【×掩体】

敵弾から味方射手を守るための土嚢(どのう)などの設備


えん‐たい【×淹滞】

[名](スル)

延滞(えんたい)1」に同じ。

能力のある者がいつまで昇進しないこと。


えんたい【煙台】

中国山東省山東半島北部港湾都市渤海(ぼっかい)湾に臨み、明代倭寇(わこう)来襲知らせるのろし台が建てられた。ぶどう酒産する旧称芝罘(チーフー)。イエンタイ。


えん‐たい【艶態】


【掩体】(えんたい)

  1. 銃撃戦などにおいて、敵の銃弾防ぎ依託射撃をおこなうための突起物
    一般的に塹壕の縁に土や土嚢積み上げ作るが、緊急時には平地に土を盛っただけの簡単なものも作られる。

  2. 旧軍における掩蔽壕の別名。掩体壕とも呼ばれる


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「えんたい」の関連用語

えんたいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



えんたいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2020 Weblio RSS