華夏族 華夏族の概要

華夏族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/21 08:52 UTC 版)

中原の範囲図

「華夏」の言葉がもっとも早く見られるのは、『春秋左氏伝襄公26年(紀元前546年)の「楚 華夏を失う」であり、孔頴達はこれに「華夏は中国なり」と疏をつけている。

漢民族はその昔、漢民族とは称されておらず、華夏族と称されていた。漢民族という名称は漢王朝(紀元前206年 - 220年)の時代から今日まで使われてきてはいるが、今でも本土の中国人中国のことを華夏、中華文明を華夏文明と呼ぶことがある。学者によると、王朝(紀元前1066年 - 256年)の創立者である周武王が商王朝(王朝ともいわれる。紀元前16世紀 - 紀元前1066年)の末代の商紂王を討ち取った後中原に定住し、その一族を中国の伝説上の先聖王である神農黄帝に因んで「華族」と称した。また王朝(紀元前21世紀 - 紀元前16世紀)の創立者の大禹の末裔が「夏族」と称されていたことから、中原に居住していた族群を「華夏族」と称するようになったと言われている。当時の彼らの文化は華夏文化あるいは華夏文明として近隣の東夷族や北狄族、西戎族、南蛮族に賞され、模倣され、ついに中国大陸の東西南北へと拡大していった。このように数千年間に渡るプロセスにより、華夏系は他の民族系を吸収したり影響したりしながら今日の漢民族を形成してきたのである[1]

関連項目




[ヘルプ]


「華夏族」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

華夏族に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「華夏族」の関連用語

華夏族のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

EMONSTER lite

ウワバミソウ

地方自治法施行60周年記念 宮崎県分 1,000円銀貨幣

エアースポーツシューティング

クロテッドクリーム プレーン

火鉢

転圧コンクリート舗装

ココア





華夏族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの華夏族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS