除法の原理とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 除法の原理の意味・解説 

除法の原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/12 02:33 UTC 版)

数学の特に算術において、自然数整数に対する通常の剰余付き除法(じょうよつきじょほう、: division with remainder; 余りのある割り算)は、ユークリッド除法(ユークリッドじょほう、: Euclidean division)または整除法(せいじょほう、: entire division)とも呼ばれ、「被除数除数と呼ばれる二つの自然数に対して、剰余と呼ばれる二つの自然数が、与えられた性質を満たして一意的に存在する」ことを主張する定理として明確に規定することができる。このような定理を「除法の原理」(じょほうのげんり、division algorithm; 除法の算法)という。即ち、その主張は「二つの自然数 n および m ≠ 0 に対してある自然数 a および b が存在して n = am + b (0 ≤ b < m) が成立する」というもので、自然数 a および b 自身は上記の除法を通じて決定される。






「除法の原理」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「除法の原理」の関連用語

除法の原理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

佐藤 昌晴

リコッタ

クリイロサンゴヤドカリ

KTR700型

梨ノ木田の棚田

距骨

藤田綾

セン





除法の原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの除法の原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS