辰砂とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 辰砂の意味・解説 

しん さ [1] 【辰砂】

しんしゃ(辰砂)

しん しゃ [1] 【辰砂】

中国辰州産する砂の意〕
水銀硫化鉱物六方晶系結晶片は鮮紅色ダイヤモンド光沢がある。多く塊状または土状で赤褐色低温熱水鉱床中に産し,水銀原料,また,朱色顔料として古くから用いられてきた。有毒朱砂丹砂丹朱。 → 硫化水銀
陶磁器で,発色剤として高温焼成して形成された鮮紅色ガラス質の膜。辰砂釉しんしやゆう)

辰砂

読み方:シンサ(shinsa)

水銀硫化鉱物


辰砂(Cinnabar)

辰砂
北海道常呂郡置戸町鉱山
HgS 画像の幅約1cm

濃紅色をした辰砂の結晶です。
石英母岩表面には小さな辰砂の結晶が沢山付いています。
美しい国産の辰砂です。

辰砂(Cinnabar)

辰砂
Fenghuang w.Human Province China

辰砂(Cinnabar)

辰砂
Wanshan Mine,貴州省,中国

金属の様に輝いていますが、深紅で透明な水銀硫化鉱物です。
私の好きな鉱物一つです。

辰砂(Cinnabar)

辰砂
中国湖南省
HgS 標本の高さ約4cm

小さな水晶上に赤い辰砂が付いたとても美し標本です。
辰砂の名前は辰州現在の湖南省)から採れた事から付けられました。

辰砂

読み方:シンシャ(shinsha)

鉱物一種


辰砂

名称: 辰砂
ふりがな しんしゃ
芸能工芸区分 工芸技術
種別 陶芸
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:  呈色剤として、還元焼成により赤く発色させたやきものを、わが国では俗に辰砂【しんしゃ】と呼んでいる。中国では元時代釉裏紅始まり明治時代宣徳、清時代康熙雍正ころのものに優品が多い。わが国でも江戸時代からみられるが、盛んに焼かれるようになったのは大正以降である。
工芸技術のほかの用語一覧
陶芸:  瀬戸丸窯  磁器大物成型のろくろ技法  祥瑞  織部  萩焼  辰砂  青磁

辰砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/20 16:14 UTC 版)

辰砂(しんしゃ、cinnabar)は硫化水銀(II)(HgS)からなる鉱物である。別名に賢者の石赤色硫化水銀丹砂朱砂などがある。日本では古来「(に)」と呼ばれた。水銀の重要な鉱石鉱物


  1. ^ Wikisource reference 周禮. 周禮/天官冢宰. - ウィキソース. 
  2. ^ 中国医学・日本漢方における〈毒〉
  3. ^ Wikisource reference 司馬遷. 史記/卷129. - ウィキソース. 
  4. ^ 三重県広聴広報課 編『県政だよりみえ 平成28年8月号』No.385、三重県広聴広報課、2016年8月7日、4p.(3ページより)


「辰砂」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「辰砂」の関連用語

辰砂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ポタシック・パーガス閃石

日長石

ブリュースター沸石

紫蘇輝石

ペライト

緑鉛鉱

アンドラダイト

ウラノフェン石





辰砂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辰砂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS