蛍石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 蛍石の意味・解説 

けい せき [1] 【蛍石】

ほたるいし(蛍石)

ほたるいし [3] 【蛍石】


蛍石

分子式CaF2
その他の名称:カルシウムフルオリド、ふっ化カルシウムCalcium fluorideFluorite、フルオライト、フルオロスパー、Fluorspar、Calcium difluoride、フルオリット、蛍石、イルトラン3、Irtran 3
体系名:カルシウムジフルオリド


蛍石(Fluorite)

通常光


蛍石

紫外線照射

蛍石
Weardale,Durham,England

蛍石(Fluorite)

蛍石
La Facciata Quarry,Carrara Italy
CaF2 画像の幅約2cm

白い大理石中の無色透明な蛍石です。
この産地透明度が高く美し水晶産出することで有名ですが、
他にも蛍石など各種鉱物産出します。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Cavnic,Rumania
CaF2 画像の幅約2.3cm

球状をした珍しい螢石の標本です。
美し緑色愛らしい形が魅力的な蛍石です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Nikolaevsky mine,Dal'Negorsk,Russia
CaF2 画像の幅約4cm

珍しい無色透明な螢石です。
粋な螢石は無色透明ですが、自然の螢石には珍しい標本です。
工業的には無色透明の螢石が合成され、高級カメラレンズなどに利用されています。
螢石は紫外線照射での蛍光が有名ですが、この標本蛍光しません。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Nager,near Aliabad,Hunza Valley,Northern Areas,Pakistan
CaF2 画像の幅約3.5cm

白雲母の上ピンク色内部は薄い緑色)の蛍石が付いています。
母岩にはリチア輝石ポルックス石思われるリチウム鉱物も付いています。

蛍石(Fluorite)

蛍石
岐阜県武儀郡上之保村鳥屋市平岩鉱
CaF2 画像の幅約1.2cm

薄紫色をした蛍石の結晶です。
国産蛍石の産地として知られる平岩鉱山産の標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
2-Sovietsky mine,Dalinegorsk,Russia
CaF2 標本の幅約3.2cm

結晶中に帯状模様が入っている「帯状構造」が観察できる面白標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石 蛍石
岐阜県恵那郡蛭川村田原
CaF2 画像の幅約1cm、2cm

ペグマタイト中に産出する蛍石です。
微斜長石煙水晶雲母と共に美し黄緑色の蛍石を観察
することができます
写真中の赤褐色見え結晶菱沸石です。

蛍石(Fluorite)

蛍石 蛍石
岐阜県武儀郡上之保村鳥屋市 平岩鉱
CaF2 標本の幅約2.8cm、画像の幅約2.1cm

八面体をした蛍石の結晶です。
緑色紫色をした国産美しい蛍石です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Galileia,Minas Gerais,Brazil
CaF2 画像の幅約1.6cm

曹長石ペタル石の上に蛍石が付いた標本です。
珍しい産地の珍しい螢石で、紫色斑模様印象的標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Bassin de Talefre,Mont Blanc,France
CaF2 画像の幅約1.3cm

美しピンク色をした正八面体結晶の蛍石です。

蛍石(Fluorite)/水晶(Quartz)/方解石(Calcite)

蛍石
Dalnyegorsk,Russia

蛍石(Fluorite)

蛍石 蛍石
Argentiere Massif,Mont Blanc,Chamonix,France
CaF2 画像の幅約1cm、6mm

煙水晶の上ピンク色の蛍石が付いています。
蛍石は形の良い結晶ではありませんが、母岩様子がこの産地
の産状をよく示しています。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Glacier d'Argentiere,Mont Blanc,France
CaF2 標本の幅約2cm

めずらしい赤色の螢石です。
透明な濃い赤色がとても美し標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Huanzala,Peru

金色黄鉄鉱の上紫色の蛍石がのっています。

蛍石(Fluorite)

蛍石 蛍石
Mahodari,Nasik District,Maharashtra,India
CaF2 画像の幅約1.2cm、4cm

淡い黄色球状結晶集合体が蛍石です。
水晶上に黄色半透明美しい蛍石が付いています。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Mahadori,near Nasik,Maharashtra,India
CaF2 画像の幅約2cm

水晶上に黄色球状の蛍石が付く美し標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Minerva#1 Mine,Cave In Rock,Hardin Co.,Illinois,USA
CaF2 画像の幅約5.2cm

閃亜鉛鉱に付いた蛍石の結晶です。
外側から青、紫、黄色美しい色変化見られる標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Elmwood mine,Smith Co.,Tennessee,USA
CaF2 画像の幅約2.3cm

濃紫色をした螢石の結晶で、母岩付きの姿が美し標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Villabona,Asturias,Spain
CaF2 画像の幅約5.5cm

黄色をした螢石の結晶白く小さな苦灰石が付いた美し標本です。

蛍石(Fluorite)

蛍石
Rogerley Mine,Weardale,Durham,England
CaF2 画像の幅約2.5cm

強い蛍光をする事で有名なイギリス産の蛍石です。
この写真方鉛鉱と蛍石が母岩に付いた標本で、産地様子がうかがえます。

トパーズ/蛍石/電気石(Topaz/Fluorite/Schori)

トパーズ
Drot-Balachi,Baltistan,Pakistan 標本の幅約2.5cm

透明なトパーズ、青い蛍石、黒い鉄電気石結晶魅力的組合わさった標本です。

菱マンガン鉱/蛍石(Rhodochrosite/Fluorite)

菱マンガン鉱 菱マンガン鉱
Sweet Home Mine,Alma,Park Co,Colorado,USA
Mn2+CO3/CaF2 画像の幅約2cm

赤い結晶が菱マンガン鉱、紫色結晶が蛍石です。
鉱物標本としては最も美し結晶組み合わせです。

褐鉄鉱(Limonite)/蛍石/方解石

褐鉄鉱
Pints Quarry,Raymond,Iowa,USA
FeO(OH).nH2O 画像の幅約4cm

蛍石の表面を褐鉄鉱が被っている標本です。

蛍石

作者たむらしげる

収載図書水晶山脈
出版社中央出版アノニマ・スタジオ
刊行年月2005.6


蛍石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/28 22:20 UTC 版)

蛍石(ほたるいし、螢石、fluoriteフローライトフルオライト)は、鉱物(ハロゲン化鉱物)の一種。主成分はフッ化カルシウム(CaF2)。等軸晶系






「蛍石」の続きの解説一覧





蛍石と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

蛍石に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蛍石」の関連用語

1
100% |||||

2
92% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白雲母

プランヘ石

ギロル石

バナジン銅鉱

ダトー石

チャールズ石

藍閃石

剥沸石





蛍石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2016 Shinichi KATO All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蛍石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS