比熱容量とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 比熱容量の意味・解説 

比熱容量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/25 02:56 UTC 版)

比熱容量(ひねつようりょう、英語:specific heat capacity)とは、圧力または体積一定の条件で、単位質量物質を単位温度上げるのに必要な熱量のこと。単位は J kg−1 K−1 もしくは J g−1 K−1 が用いられる。の比熱容量(18℃)は、1 cal g−1 K−1 = 4.184×103 J kg−1 K−1 である[1]


  1. ^ calという単位は、現在、標準単位系ではなく、栄養学などの分野で歴史的遺物として取り扱われるものであり、J を用いることが推奨される。
  2. ^ 和達三樹; 十河清; 出口哲生 『ゼロからの熱力学と統計力学』 岩波書店、2005年、170頁。ISBN 4-00-006700-1 


「比熱容量」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「比熱容量」の関連用語

比熱容量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ロードデンドロン・カロフィルム

担々麺

渾神の清水

栗毛

右背向屈曲あり

黒米

BMW 3 シリーズ・カブリオレ

十勝岳





比熱容量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比熱容量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS