アポロ14号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アポロ14号の意味・解説 

アポロ14号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ14号(Apollo 14)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1971年1月31日
帰還年月日:1971年2月9日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:アラン・B・シェパード/スチュアート・A・ローザ/エドガー・D・ミッチェル
飛行時間:216時間1分57
国際標識番号:1971008A

アポロ14号の着陸船アンタレス号は、月の「嵐の海フラ・マウロ高原着陸しました。船長アラン・シェパードマーキュリー3号に乗ってアメリカ人として初の有人宇宙飛行成功した人で、念願かなっての月着陸でした。
月面にとどまってい時間33時間31分です。シェパード船長エドガー・ミッチェル2度船外活動合計3kmを歩きたくさんの岩石採集しました。ALSEP(無人観測ステーション)を設置して、クレーターの麓で火薬爆発させて人工地震をおこす実験行ないました。アポロ12号のときからはじまった、サターンVロケットの第3段を月面衝突させて人工地震をおこす実験もしています。
アポロ14号が設置した地震計おかげで翌年その近く直径3mほどの隕石落下したとき、サターンV第3段衝突実験100倍を越え振動計測することができました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
アポロ宇宙船司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56tです。円筒形機械船は司令船に酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。また、月着陸船全長7m、重量15.1tです。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
サターンVは3段式ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941tです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。


3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
サターンVの第1段と第2段の推力で、第3段とアポロ宇宙船地球軌道に乗せ、第3段の推力で月に向かいます。第3段を離れ宇宙船が第3段に収めてある月着陸船ドッキングして、第3段と着陸船を切り離します。月の周回軌道に乗ってから月着陸船月面降り立ちます。地球帰るとき、着陸船は再び宇宙船ドッキングして、飛行士宇宙船乗り移ったあとで切り離されます。大気圏再突入司令船だけで行われます。

4.宇宙飛行目的は?
月着陸月面調査です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
43kgの岩石採集し、観測機器などを設置して、人工地震実験行ないました。

参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、中冨信夫・著/NASAリポート 宇宙探査(立風書房)


アポロ14号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/04 16:24 UTC 版)

アポロ14号アメリカ合衆国アポロ計画における8度目の有人宇宙飛行である。史上3度目となる月面着陸を行った。「H計画」と呼ばれる、二日間にわたる月面滞在をしてその間に船外活動などを行う飛行はこれが最後のものとなった。




  1. ^ Wheeler, Robin (2009年). “Apollo lunar landing launch window: The controlling factors and constraints”. Apollo Flight Journal. NASA. 2009年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月17日閲覧。
  2. ^ Rincon, Paul (2011年2月3日). “Apollo 14 Moon shot: Alan Shepard 'told he was too old'”. London: BBC News. オリジナル2011年2月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110204051501/http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-12344613 2011年2月3日閲覧。 
  3. ^ 1971 Year in Review: Apollo 14 and 15”. UPI.com. United Press International (1971年). 2009年5月3日閲覧。
  4. ^ Chaikin 2009
  5. ^ von Braun, Wernher (July 1972). “Space Suits—from Pressurized Prison to Mini-Spacecraft”. Popular Science: 121. http://books.google.com.au/books?id=WZ6okH8FCs4C&lpg=PA121&dq=space%20suits%20red%20bands&pg=PA121#v=onepage&q=space%20suits%20red%20bands&f=false 2013年7月17日閲覧。. 
  6. ^ Brzostowski and Brzostowski, pp 414-416
  7. ^ Lawrence, Samuel (2009年8月19日). “Trail of Discovery at Fra Mauro”. Featured Images. Tempe, Arizona: LROC News System. 2013年7月17日閲覧。
  8. ^ Williams, David R. (2009年7月28日). “The 'Moon Trees'”. Goddard Space Flight Center. NASA. 2013年7月17日閲覧。
  9. ^ Back-up-Crew Patch”. Apollo 14 Lunar Surface Journal. NASA (2005年). 2013年7月17日閲覧。 Image of backup crew patch.
  10. ^ Down the Ladder for EVA-1”. Apollo 14 Lunar Surface Journal. NASA (1995年). 2013年7月17日閲覧。
  11. ^ NASA Spacecraft Images Offer Sharper Views of Apollo Landing Sites”. NASA (2011年9月6日). 2013年7月17日閲覧。


「アポロ14号」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アポロ14号」の関連用語

アポロ14号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エルニーニョ

ロケットの慣性航法

地球探査

ハッブルの法則

無重力

STS-80

マーズ・パスファインダー

月





アポロ14号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ14号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS