arXiv arXivの概要

arXiv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 10:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
arXiv
URL
https://arxiv.org/
タイプ プレプリントサーバ
分野 物理学数学計算機科学数量生物学英語版
使用言語 英語
項目数 100万本以上の論文[1]
(2014年末時点)
閲覧 無料
登録 不要
著作権 コピーライト
運営元 コーネル大学図書館
営利性 非営利
設立 1991年
査読制度 なし

現代(2019年)においてはこうした仕組みのサイトは特に珍しいものでもない。しかし、arXivの設立当初(1990年代初頭)においては、学術出版社や大学図書館を介さずに研究者同士がインターネットを介して直接に論文をやりとりできる場として、学術出版関係者に大きな驚きをもって受けとめられた[2]

2015年8月現在106万報以上の論文が保存されている。毎月8,000報を超える論文が追加されている[3]。1991年、LANL preprint archiveという名称でロスアラモス国立研究所を運営元としてスタートし、1999年にarXiv.orgと改名。現在はコーネル大学図書館が運営元となっている。

歴史

arXivの前身はLANL preprint archiveで、1991年、ロスアラモス国立研究所の研究員であったポール・ギンスパーグにより、物理学分野のプレプリントを保存しておくためのサーバとして開発された。当時のドメインは xxx.lanl.gov 運営元はロスアラモス国立研究所であった。1999年にarXiv.orgと改名。2012年現在はコーネル大学図書館が運営元となっている。

査読

arXivは時間のかかる査読プロセス(平均して数ヶ月、長いと一年以上かかる)を避けて、素早い情報交換を行なうことを目的として設置されている。そのため、基本的に登録された論文の内容を精査してから公開・非公開を決める、という作業はしていない。とはいえ完全にフリーパスだという事ではない。あまりにひどい論文は削除されたり、登録分野から移動させられたりする。

例えば2001年にアメリカのテネシー州在住の創造論者が、神による宇宙の創造を説く十篇の論文をarXivに登録した事がある。この論文はarXivのスタッフによって全てサーバから削除され、登録者のアカウントは停止された。ただ論文の登録者はこれを不服としてarXivの管理者を相手取って訴訟を起こした[4]

ミラーサーバ

arXivは2012年7月現在、メインのサーバを除き世界8ヵ国にミラーサーバを持つ[5]。アメリカのコーネル大学図書館のサーバを中心に、あとの8ヶ所はミラーサーバとして、各地のユーザーに対して高速なアクセス環境を提供する役目を担っている。日本のミラーサーバは京都大学基礎物理学研究所(旧湯川記念館)に置かれていた(2015年12月運用停止)。以下にミラーサーバの一覧を示す。

稼働中のミラーサーバ
所在国 URL 引受機関 特記事項
 中国 http://cn.arXiv.org 中国科学院理論物理研究所
ドイツ http://de.arXiv.org ?
インド http://in.arXiv.org 国立数理科学研究所
スペイン http://es.arXiv.org サラゴサ大学理論物理学科
アメリカ合衆国 http://lanl.arXiv.org ロスアラモス国立研究所 旧本家
アメリカ合衆国 http://arXiv.org コーネル大学図書館 現在の本家
運用停止
所在地 URL 引受機関 特記事項
フランス http://fr.arXiv.org CCSd(Centre pour la Communication Scientifique Directe) 2016年4月運用停止
日本 http://jp.arXiv.org 京都大学基礎物理学研究所(旧 湯川記念館) 2015年12月運用停止
イギリス http://uk.arXiv.org   2014年11月運用停止
イスラエル http://il.arXiv.org テルアビブ大学テクニオン工科大学ワイツマン科学研究所
ヘブライ大学ネゲヴ・ベン=グリオン大学バル=イラン大学
2012年10月運用停止
 台湾 http://tw.arXiv.org 國家高速網路與計算中心(National Center for High-performance Computing) 2012年8月運用停止
ブラジル http://br.arXiv.org サンパウロ大学物理学科 2012年4月運用停止
ロシア http://ru.arXiv.org Institute of Theoretical and Experimental Physics(モスクワ) 2012年4月運用停止
オーストラリア http://au.arXiv.org アデレード大学物理化学研究科 2012年2月運用停止
アメリカ合衆国 http://aps.arXiv.org アメリカ物理学会ブルックヘブン国立研究所 2012年2月運用停止
イタリア http://it.arXiv.org SISSA 2009年1月運用停止
 韓国 http://kr.arXiv.org ICPR(Information Center for Physics Research)、
KOSEF(KOrea Science and Engineering Foundation)、ソウル大学校
2008年12月運用停止
 南アフリカ共和国 http://za.arXiv.org ? 2007年6月運用停止

  1. ^ Vence, Tracy (December 29, 2014), “One Million Preprints and Counting: A conversation with arXiv founder Paul Ginsparg”, The Scientist, http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/41677/title/Q-A--One-Million-Preprints-and-Counting/ .
  2. ^ 三根慎二 「学術情報メディアとしてのarXivの位置づけ」 Library and information science (61), 25-58, 2009 三田図書館・情報学会 NAID 120002317556
  3. ^ arXiv monthly submission rate statistics”. Arxiv.org. 2015年8月8日閲覧。
  4. ^ Geoff Brumfiel, "Ousted creationist sues over website," Nature 420, 597 (2002); doi:10.1038/420597b オンライン・コピー
  5. ^ "Mirror sites and other servers" 最終閲覧日 2012年12月3日
  6. ^ Jackson, Allyn (September 2006). “Conjectures No More? Consensus Forming on the Proof of the Poincaré and Geometrization Conjectures” (PDF). Notices of the AMS. http://www.ams.org/notices/200608/comm-perelman.pdf. 
  7. ^ a b c Understanding the arXiv identifier のページより。最終閲覧日 2008年1月10日


「arXiv」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

arXivのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



arXivのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのarXiv (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS