日本大学産官学連携知財センター 日本大学産官学連携知財センターの概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本大学産官学連携知財センターの解説 > 日本大学産官学連携知財センターの概要 

日本大学産官学連携知財センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/04 09:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
郡山市郊外の阿武隈川畔風景。正面左上に見える工学部キャンパス内に併設。

概要

日本大学は、学術の進展、産官学連携の推進、新産業の創出を通じて社会への貢献を目的に、1998年11月に日本大学産官学連携知財センターを開設した。海外の研究機関、公的機関、他大学等と連携・協力をしている。

研究

日本大学産官学連携知財センターは、日本の承認TLO第1号として活動を開始し、府省の大学知的財産本部整備事業と特定分野重点技術移転事業(スーパーTLO)に採択された[1]

2008年に文科省が実施している産学官連携戦略展開事業(戦略展開プログラム)の「特色ある優れた産学官連携活動の推進」に採択され、地域連携による知的財産の活用体制、事業化支援体制を推進した[1]

知的財産本部と技術移転機関(TLO)の機能を併せもつ長所を活かしたワン・ストップ・サービスの提供により産業界との連携を行っている[2]

基礎データ

産官学連携知財センターは、学校法人日本大学が運営している。

交通

JR総武線東京メトロ南北線有楽町線都営地下鉄新宿線。各線市ケ谷駅下車、徒歩2分。

所在地

外部リンク






「日本大学産官学連携知財センター」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学産官学連携知財センター」の関連用語

日本大学産官学連携知財センターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学産官学連携知財センターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学産官学連携知財センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS