オーストラリア 象徴

オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 03:25 UTC 版)

象徴

国花

オーストラリアの国花は、アカシアの一種のゴールデン・ワトル英語版である。

国石

オーストラリアはオパールを自国の国石に指定している。

ナショナルカラー

自国の国旗には採用されていないゴールド(もしくは黄色で代用)と緑色をナショナルカラーとして1984年4月19日から制定している。そのため、この二色は様々なことに好んで用いられる。例えば、クリケットや野球、ラグビーやサッカーの代表ユニフォームにこの二色を採用している。

国名

オーストラリアの最も古い地図(1547年)

正式名称は、Commonwealth of Australia英語発音: [ˈkɔmənˌwelθ əv ɔ(ː)ˈstreiljə] マンウェルス・ァヴ・オ(ー)ストゥイリャ)。通称、Australia  発音(豪)[ヘルプ/ファイル]  発音(米)[ヘルプ/ファイル]

通常、日本語の表記は オーストラリア。正式名称たる Commonwealth of Australia を訳してオーストラリア連邦とすることもある。

日本における漢字表記では濠太剌利とされ、またそこから濠洲(ごうしゅう)とも呼ばれる[26]。「連邦」を付け濠洲連邦ということもある。「濠」「洲」は常用漢字の「豪」「州」を代用して豪太剌利豪洲豪州と書くことも多い。また、濠洲という略称は朝鮮語でも用いられ、ハングルでは 호주 と表記される。中国語圏での漢字表記は澳大利亞、略称は澳洲となる。

国名の由来はラテン語で「南の地」を意味する terra australis で、これはヨーロッパにおける伝説上の大陸テラ・アウストラリス・インコグニタ(ラテン語:Terra Australis Incognita)のことを指している。

歴史

オーストラリアの歴史

この記事はシリーズの一部です。
先住民時代
ヨーロッパ人による「発見」(1606年)
シドニー入植
(1788年1月26日)
ニュー・サウス・ウェールズ植民地英語版
(1788年-1900年)
オーストラリア開拓戦争英語版 (1788年-1934年)
ホークスベリー・ネピアン戦争英語版
(1794年-1816年)
ブラック・ウォー
(1828年1832年)
ゴールドラッシュ英語版
(1851年)
ユリーカ砦の反乱英語版
(1854年)
オーストラリア連邦の成立
(1901年1月1日-現在)
白豪主義時代
(1901年-1973年)

オーストラリア ポータル

更新世の地球環境、人類の移動

カカドゥの壁画
ノーザンテリトリーカカドゥ国立公園

4万年 - 4万5000年前(6万年前、更にそれ以前とも言われる)、更新世の何回かの氷期の結果海面が100 - 150m下降した更新世末期の、今日より低海面の時代にアボリジニがニューギニア方面から渡り、先住民となったと考えられている。南東のタスマニア島に人類が渡った時期は、同島に存在する最古の人類居住遺跡が形成された時期約3万8000年前であろうと考えられている。また、その時期はバス海峡に陸橋が形成されたであろう時期と合致する[27]

沿岸はティモール海域ニューギニアに伸び、ともに1つの陸地(サフル大陸)であり、アラフラ海カーペンタリア湾トレス海峡をつないでいた。スンダ列島からの短い距離の部分を渡って Sahul へ、続いて陸橋を渡って来たと考えられている。

考古学的証明では、西オーストラリアスワン川上流に4万年前、タスマニア(タスマニアも当時大陸に繋がっていた)には3万年前に人類居住跡が見つかっている。また約4万2000年前とされる人類の化石もニューサウスウェールズ州で発見されている(例:ムンゴマン)。

ニューギニア、インドネシアとの動物植物種の共有は、当時の陸橋の結果で、最後の氷期の終わりに海面が上昇し、ニューギニアとの間は海でへだてられた。海面レベルは6000年前から現代までほとんど同じである。

またカリオン英語版で発見されたヒエログリフンガリンジェリ族ラミンジェリ人の高齢者の主張を基に、オーストラリアの先住民は古代エジプトから弓と突出した船尾を備えたボートで海を渡って1万1000年前にオーストラリアや南アメリカなど世界中を周回した、と主張する者も居る[28][29]

人類の居住と氷期の終焉

木炭の発見から、火の使用も確認されている。狩猟採集民族は森林、硬葉樹林を開拓するためなどに使用した。耐火性の高いモクマオウ科ユーカリアカシアなどが残った。

動物種では人間より大きい大型動物類の多くは絶滅し、多くの小型動物もいなくなった。ディプロトドン(全長3m、有袋類草食動物で史上最大の有袋類)、数種の大きな飛べない鳥、肉食のカンガルー、体長5mのトカゲ小型自動車ほどの大きさのなどを含む、約60種の脊椎動物が絶滅した[要出典]。大規模な絶滅の原因は火、狩猟、気候変動などと考えられるが、最も大きな原因は人間の介入だと思われている[30][31]

ヨーロッパ人による入植以前の人口は分かっていない。

1万3000年前に更新世末期、氷期終焉を迎え、トレス海峡、ヴィクトリアとタスマニアの間のバス海峡、カンガルー島との間に海面が広がった。アボリジニの伝説によると、氷期の終焉は早く(あっという間に訪れた)、海面の上昇(陸地の失現)とともに、が天から降って来た、津波があったと伝えられている。そのとき以来、タスマニアアボリジニは地理的に孤立し、9000年前にバス海峡の島々とカンガルー島の人間は消滅した。

ヨーロッパ人の到達

イギリスジェームズ・クックは、エンデバーを指揮してボタニー湾に上陸、領有宣言を行った。
州設立の歴史

周りは荒い海であったために、16世紀ごろの世界地図にTerra Australis Incognita(テラ・アウストラリス・インコグニタ、「南方にある未知の大地」という意味)と表されていた。

1606年に当大陸に最初に到来したヨーロッパ人オランダ東インド会社ウィレム・ヤンスゾーン英語版[32]であった。赤道に近い熱帯の北部地域に上陸し地図を作成したが、交易に値する物品はないと判断し、入植しなかった。

1770年にスコットランド人のジェームズ・クックが温帯のシドニーのボタニー湾に上陸して領有を宣言し、入植が始まり、東海岸をニュー・サウス・ウェールズと名付けた。なお、決定的証拠はないが、1770年に上陸したジェームズ・クックよりも150年も前に山田長政が先にオーストラリア大陸を発見していたという説がある[33]

アメリカの独立により、1788年からアメリカに代わり流罪植民地としてイギリス人の移民が始まった[34]。初期移民団1030人のうち、736人が囚人 (男586人・女242人という説あり) で、その他はほとんどが貧困層の人間であった。また、当時は軽犯罪でも当地に流刑されたという。1791年の第2回囚人護送は1017人で、航海中に281人が死んだが、植民地での食糧難を加速させたため、政府は1年を待たずして自由移民を募り農地を拡大させた。

白人入植以降、先住民族であるアボリジニは白人による娯楽としての狩猟(スポーツハンティング)の対象となり虐殺された。その後も政府の政策によりタスマニア島を含むアボリジニの人口は激減した。

1828年に全土がイギリスの植民地となり、開拓が進んだ。その過程で先住民のアボリジニから土地を取り上げて放逐、殺害した。1830年までに純血のタスマニア先住民は絶滅させられた(ブラック・ウォー[35]19世紀の初めにはスペイン産メリノ種羊を改良し、以後、羊毛産業が発展した。なお、羊が重宝されたのは羊毛に関してだけでなく、まだ冷凍船がなかったころ、肉類の中で羊肉が長持ちしたためである。

1851年にビクトリア内陸部で金が発見され、ゴールドラッシュが発生した。これ以降は南ヨーロッパや中国などイギリス以外の国籍の移民が増加した。 特に中国人は、1850年代に3万人以上が労働者として渡来。当時200万人に満たなかった大陸人口の中において、中国人の増加は問題視されるようになった[36]。後に、中国系の移民に対する排斥運動が起こり、後の白豪主義につながったといわれる[37]。金の発見により内陸部の探検が活発になり、中東から持ち込まれたラクダを使った探検隊が編成された[38]。1860年の「バーク・ウィルズ探検隊」は有名である。

事実上の独立後

1901年の、事実上のイギリスからの独立後もイギリス国王への忠誠からイギリスが参加した戦争には度々参加した。第一次世界大戦ではオーストラリア・ニュージーランド軍団 (ANZAC) として英仏軍と共にガリポリの戦いに参加し、オスマン帝国軍との激戦を経験した。ANZAC軍のガリポリ上陸記念日である4月25日はANZACの日として国民の祝日となっている。

1927年にはシドニーメルボルンによる首都争奪戦のすえ、妥協案として両都市の中間地点に新都市キャンベラを建設し首都とした[39]

第二次世界大戦では、日本軍機によるダーウィン周辺などの北部都市への度重なる爆撃や通商破壊作戦特殊潜航艇によるシドニー港攻撃を受けた。また、ニューギニアやボルネオから沖縄戦をはじめとする広範囲で連合国として日本軍と戦い、ノルマンディー上陸作戦以降はヨーロッパ西部の地上戦にも参加した。日本占領にもイギリス連邦占領軍の一員として多数の部隊を派遣したり、極東国際軍事裁判(東京裁判)の裁判長ウィリアム・ウェブを出すなどして参加した。

戦後はヨーロッパが人口激減と経済復興を経験したこともあり、白人移民は減り続けた。国力の基礎となる人口増加が鈍化したため、1960年代からは白豪主義を徐々に撤廃し、世界中から移民を受け入れる「多文化主義」へと移行した。朝鮮戦争ベトナム戦争にも積極的に参加し、アメリカと共に戦い、その後ベトナム難民を数多く受け入れた。1975年、ニューギニア信託統治地域がパプアニューギニアとして独立した。英米と協同歩調を取った2003年のイラク戦争にも参加した。

もっとも地政学的要因から、必ずしも北半球の欧米諸国の一員として行動していられない場面も多い。特にフランスによる南太平洋ムルロア環礁での核実験の際には、北半球の欧米諸国が黙認するなかで、隣国のニュージーランドと共に猛抗議した。このときは市民の間にもフランス製品に対する不買運動が広がり、大都市のフランス有名ブランド店には一時休業を余儀なくされたところもある。

2013年MIKTAに加盟した。

2022年オーストラリア総選挙ではオーストラリア労働党が下院の第1党になった[40]


注釈

  1. ^ 国歌は公式には『Advance Australia Fair』であるが、国王や総督が臨席する場合には『国王陛下万歳』が用いられる。
  2. ^ イギリス側の法であるウェストミンスター憲章とオーストラリア側の法である1942年ウェストミンスター憲章採択法英語版による。1939年9月3日まで遡及して適用。

出典

  1. ^ UNdata”. 国連. 2021年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月[1]
  3. ^ Constitution of Australia”. ComLaw (1900年7月9日). 2011年8月5日閲覧。 “3. It shall be lawful for the Queen, with the advice of the Privy Council, to declare by proclamation that, on and after a day therein appointed, not being later than one year after the passing of this Act, the people of New South Wales, Victoria, South Australia, Queensland, and Tasmania, and also, if Her Majesty is satisfied that the people of Western Australia have agreed thereto, of Western Australia, shall be united in a Federal Commonwealth under the name of the Commonwealth of Australia.”
  4. ^ Macquarie ABC Dictionary. The Macquarie Library Pty Ltd. (2003). p. 56. ISBN 1-876429-37-2 
  5. ^ Australia”. Oxford Dictionaries. Oxford University Press (2010年4月). 2012年7月26日閲覧。
  6. ^ “2022年のオーストラリア人口増加率は1.9% 移住者受け入れ再開で14年ぶり高水準”. NICHIGO PRESS. (2023年6月16日). https://nichigopress.jp/news-item/68018/ 2023年11月17日閲覧。 
  7. ^ “【2023年最新】世界人口ランキング 史上初80億人を突破、日本は12位に順位を下げる”. ELEMINIST. (2023年6月13日). https://eleminist.com/article/2728 2023年11月17日閲覧。 
  8. ^ “オーストラリアで人口増、移民が全人口の5割に”. 日本貿易振興機構(JETRO). (2022年7月27日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/07/5b80a2dfcfb9f459.html 2023年11月17日閲覧。 
  9. ^ “先住民98万人、5年で2割増=人口の3.8%―豪国勢調査”. 時事通信. (2023年8月31日). https://equity.jiji.com/oversea_economies/2023083100892 2023年11月17日閲覧。 
  10. ^ オーストラリア基礎データ外務省 閲覧2018年1月20日
  11. ^ The Australian continent”. Bureau of Meteorology. 2023年2月10日閲覧。
  12. ^ Deserts”. Geoscience Australia. Australian Government (2014年5月15日). 2023年2月10日閲覧。
  13. ^ Geographic Distribution of the Population”. 2012年12月1日閲覧。
  14. ^ Wade, Nicholas (2011年9月22日). “Australian Aborigine Hair Tells a Story of Human Migration”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/09/23/science/23aborigines.html 
  15. ^ European discovery and the colonisation of Australia”. Australian Government:Culture Portal. Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts, Commonwealth of Australia (2008年1月11日). 2010年5月7日閲覧。 “[The British] moved north to Port Jackson on 26 January 1788, landing at Camp Cove, known as 'cadi' to the Cadigal people. Governor Phillip carried instructions to establish the first British Colony in Australia. The First Fleet was under prepared for the task, and the soil around Sydney Cove was poor.”
  16. ^ Davison, Hirst and Macintyre, pp. 157, 254.
  17. ^ Both Australian Aborigines and Europeans Rooted in Africa – 50,000 years ago”. News.softpedia.com. 2013年4月27日閲覧。
  18. ^ Australian Social Trends”. Australian Bureau of Statistics website. Commonwealth of Australia. 2008年6月6日閲覧。
  19. ^ Walsh, Michael (1991) "Overview of indigenous languages of Australia" in Suzanne Romaine (1991). Language in Australia. Cambridge University Press. p. 27. ISBN 978-0-521-33983-4. https://books.google.com/books?ei=LQjdVLuJC8K-ggSYk4HYCg&id=odXuIsxHaOYC&dq=Suzanne+Romaine+%28ed.%29+Language+in+Australia&q=Overview+of+indigenous+languages+of+Australia#v=snippet&q=Overview%20of%20indigenous%20languages%20of%20Australia&f=false 
  20. ^ Australia: World Audit Democracy Profile”. WorldAudit.org. 2007年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月5日閲覧。
  21. ^ Data refer mostly to the year 2014. Economic Outlook Database-April 2015, International Monetary Fund. Accessed on 25 April 2015.
  22. ^ AUSTRALIA IS A TOP 20 COUNTRY FOR ECONOMY; Australian Government; dfat.gov.au
  23. ^ World Economic Outlook Database, October 2018, International Monetary Fund. Accessed on 1 April 2019.
  24. ^ Human Development Report 2021-22”. United Nations Development Programme (2022年). 2022年9月9日閲覧。
  25. ^ Trends in World Military Expenditure, 2017”. www.sipri.org. 2023年2月10日閲覧。
  26. ^ この「洲」は四方を海で囲まれた「大洲」すなわち大陸を指している。日本ではクックのオーストラリア大陸発見が、文政年間(1804-1814)に幕府天文方高橋景保によって紹介された。吉野政治「五大州 : 鎖国時代の世界地理認識」『同志社女子大學學術研究年報』第60巻、2009年12月25日、118(21)–107(32)、doi:10.15020/00000365 
  27. ^ 横山祐典「地球温暖化と海面上昇 -氷床変動・海水準変動・地殻変動ー」/ 日本第四紀学会・町田洋・岩田修二・小野昭編著 『地球史が語る近未来の環境』 東京大学出版会 2007年 50ページ
  28. ^ オーストラリアで発見された象形文字は歴史を書き換えることができます”. Afrikhepri (2019年). 2019年6月8日閲覧。
  29. ^ Gosford Glyphs 1.m4v
  30. ^ Encyclopedia of Australian Wildlife, Steve Parish Publishing, p.120-123, ISBN 9781740212441
  31. ^ Australian Museum. “Megafauna extinction theories - patterns of extinction”. 2010年4月23日閲覧。
  32. ^ : Willem Janszoon
  33. ^ “オーストラリアを発見した日本人”. 産経新聞. (2014年4月8日). オリジナルの2014年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408150431/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140408/fnc14040803230003-n1.htm 
  34. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,旺文社世界史事典 三訂版,世界大百科事典. “オーストラリアとは”. コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  35. ^ 世界大百科事典内言及. “ブラック・ウォーとは”. コトバンク. 2022年6月11日閲覧。
  36. ^ 鈴木 清史 (2010年). “オーストラリアの戸惑い : 2つの巨大貿易国のはざまで (日本とアジアの相互の照射  ” (PDF). 静岡大学人文学部アジア研究センター. 2020年12月17日閲覧。
  37. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,旺文社世界史事典 三訂版,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “白豪主義とは”. コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  38. ^ バークとウィルズの探検 - [Bun45 オーストラリア辞典 - 大阪大学大学院 西洋史学研究室]”. www.let.osaka-u.ac.jp. 2022年6月11日閲覧。
  39. ^ オーストラリアの首都機能移転”. 国土交通省. 2020年6月11日閲覧。
  40. ^ 豪総選挙 最大野党勝利 9年ぶり政権交代の見通し 地元メディア”. 2022年5月26日閲覧。
  41. ^ 豪で君主制廃止論再燃? 首相「女王退位後に共和制移行を」 AFPBB News(2016年12月19日)2020年2月23日閲覧
  42. ^ : local government act
  43. ^ : local government
  44. ^ : gegional council
  45. ^ THE AUSTRALIAN LOCAL GOVERNMENT GUIDE APRIL 2006』より。
  46. ^ “豪州牛肉、ワイン関税引き下げ…日豪EPA発効”. 読売新聞. (2015年1月15日) 
  47. ^ “日豪EPA発効、牛肉など値下げ機運 小売店はやセール”. 日本経済新聞. (2015年1月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO81997970W5A110C1EA2000/ 2020年12月30日閲覧。 
  48. ^ ワーキング・ホリデー制度”. 外務省. 2020年12月30日閲覧。
  49. ^ “外国人観光客数、増加 豪ドル高の影響見られず”. JAMS.TV. (2007年11月5日). オリジナルの2009年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090103175935/http://news.jams.tv/jlog/view/id-3238 
  50. ^ “日豪プレス年表”. 日豪プレス. オリジナルの2021年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210426083056/http://www.nichigo.com.au/ja/history/ 
  51. ^ オーストラリアにおける対日世論調査結果』(PDF)(プレスリリース)外務省、2018年12月28日。 オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210616190924/https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000453087.pdf 
  52. ^ “動画:安倍首相、旧日本軍空襲の豪ダーウィン訪問 慰霊碑に献花”. AFP. (2018年11月18日). オリジナルの2018年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181119011717/https://www.afpbb.com/articles/-/3198127 
  53. ^ “安倍首相の初の豪ダーウィン訪問、地元紙は好意的に報道”. 産経新聞. (2018年11月17日). オリジナルの2021年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210630095221/https://www.sankei.com/article/20181117-3WMR3I3QC5IDPCPER2AABOTBUE/ 
  54. ^ “安倍晋三首相への謝意”. 駐日オーストラリア大使館. (2020年8月28日). オリジナルの2020年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200902110343/https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/pr2020_tk07.html 
  55. ^ 日豪円滑化協定の署名”. Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年1月7日閲覧。
  56. ^ オーストラリアで震災が少ないのはなぜ? メルボルン郊外で「過去100年で最大」の地震も被害ゼロ”. 日豪プレス (2023年5月29日). 2023年12月28日閲覧。
  57. ^ メルボルンでM3.8の地震、120年ぶりの規模 住民驚き オーストラリア”. CNN.co.jp (2023年5月30日). 2023年12月28日閲覧。
  58. ^ http://adl.brs.gov.au/forestsaustralia/_pubs/sofr2008reduced.pdf
  59. ^ ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』13章「搾取されるオーストラリア」(草思社2005)
  60. ^ a b c オーストラリア・モリソン首相、支持率急落 コロナ、環境問題で逆風”. 毎日新聞. 2022年1月9日閲覧。
  61. ^ 豚を野に放すとイノシシになる?サイボクハムぶた博物館 2月23日閲覧
  62. ^ サンスマートプログラム在日オーストラリア大使館 2020年2月23日閲覧
  63. ^ オーストラリアとニュージーランドの地方自治
  64. ^ トヨタ、オーストラリアでの生産を終了…54年の歴史に幕 レスポンス(2017年10月3日)2017年10月6日閲覧
  65. ^ オーストラリアにおける農産物の 生産・貿易政策の現状 - ジェトロ(2009年3月)
  66. ^ オーストラリアに於ける米流通と 米先物市場形成の可能性
  67. ^ Change of Name - Australia Passport Office
  68. ^ 【世界から】「呼ばれたい名前」が自分の名前豪州の夫婦別姓事情、共同通信、2017年4月26日
  69. ^ NCLS Research:NCLS releases latest estimates of church attendance(英文)
  70. ^ APLa オーストラリアの教育
  71. ^ オーストラリア教教育ネットワーク:オーストラリアの教育
  72. ^ 豪人の平均寿命、コロナ禍で0.7年延長 - NNA ASIA・オーストラリア・社会”. NNA.ASIA. 2023年4月15日閲覧。
  73. ^ Health at a Glance 2013, OECD, (2013-11-21), doi:10.1787/health_glance-2013-en, ISBN 9789264219984 
  74. ^ a b オーストラリア安全対策基礎データ 海外安全ホームページ
  75. ^ JAMSTV、シドニー人種暴動の記事
  76. ^ オーストラリア人の約1割は人種至上主義者=調査”. ロイター. 2008年9月29日閲覧。
  77. ^ 【オーストラリア】 最近の移民政策をめぐる動向” (PDF). 海外立法情報調査室. 2015年6月13日閲覧。
  78. ^ “【アジアの目】豪州「もう難民はお断り!」 カンボジアへの難民移送に「人権侵害」の声も…”. 産経新聞. (2014年10月12日). https://www.sankei.com/article/20141012-46GFLSCTPJKINHSPMR5LCOC7RU/ 2015年6月13日閲覧。 
  79. ^ a b c d マリー・デュミエール (2015年1月20日). “オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3521.php 2015年6月13日閲覧。 
  80. ^ “難民に国土を踏ませないオーストラリア”. アムネスティ日本 (ハフィントン・ポスト). (2014年8月13日). https://www.huffingtonpost.jp/amnesty-international-japan/austraria_b_5670534.html 2015年6月13日閲覧。 
  81. ^ “豪州がボート難民締め出しへ、パプアなど第三国へ移送”. AFPBB News. (2013年7月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/2956711?pid=11054563 2015年6月13日閲覧。 
  82. ^ オーストラリア:スリランカ人難民の送還を今すぐ中止に!”. アムネスティ日本. 2015年6月13日閲覧。
  83. ^ a b c 7.オーストラリア”. 国土交通省. 2023年4月15日閲覧。
  84. ^ a b c 守屋太郎 (2014年7月3日). “スターバックスがオーストラリアから撤退する理由”. 2020年12月30日閲覧。
  85. ^ Fashion Week Australia”. Sydney Point. 2023年6月17日閲覧。
  86. ^ First global market research project unveils more than one billion cricket fans 国際クリケット評議会 2020年7月3日閲覧。
  87. ^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。
  88. ^ Kohli can be the best after Sir Don Bradman Hindustan Times. 2020年6月15日閲覧。
  89. ^ The Independent's 100 sportsmen and women of the 20th century The Independent. 2020年6月15日閲覧。
  90. ^ Pele tops sportsman of the century poll IOL. 2020年6月15日閲覧。
  91. ^ 小野伸二の古巣が快挙!!創設3年目でアジア制覇 ゲキサカ
  92. ^ coach Pim Verbeek backs Harry Kewell's form and fitness
  93. ^ Players by birthplace: Australia Baseball Stats and Info - Baseball-Reference.com2020年3月27日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オーストラリア」に関係したコラム

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーストラリア」の関連用語

オーストラリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーストラリアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーストラリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS