オーストラリア 国際関係

オーストラリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 05:16 UTC 版)

国際関係

日本との関係

2009年9月21日、ウォルドルフ=アストリアにて握手を交わす岡田克也外務大臣ヒラリー・クリントンアメリカ合衆国国務長官、ステファン・スミスオーストラリア外務大臣

日本は中国に次ぐ2番目の輸出相手国で、鉄鉱石、石炭、牛肉などが輸出されている。近年、アジア・太平洋地域との結びつきを重視し始めており、日本製品(主の自動車や電子機器などの工業製品)も多数輸入しており、多数の日本製品が生活には欠かせないものとなっている。これらのことから、2007年に日豪FTAと呼ばれる、日本とのFTA(自由貿易協定)交渉が始まり、2014年7月調印、2015年1月15日に発効した[35][36]

内外から批判は多いものの、イラク戦争で共同歩調を取ったことから政治的な友好関係が深まり、2006年には日米豪閣僚級戦略対話が行われるなど政治、安全保障、経済、科学技術などの面での関係拡大が図られ、政治面でもアジア・太平洋地域における日本の重要なパートナーとなりつつある。1976年に、日豪友好協力基本条約が締結され、締結30周年目に当たる2006年は「日豪交流年」とされ、これを記念し国内最大のコレクションを有するメルボルンのビクトリア国立美術館 (NGV) で、日本のに焦点をあて「フォーカス・オン・ラッカー展」を開催した。1984年来、同美術館に所蔵されている木漆工芸菅沼三千子創作の赤漆盛器が改めて日豪交流の一役を担った。

2007年3月には、日豪首脳会談において日豪間の外交・防衛協力の緊密化を謳った「安全保障協力に関する日豪共同宣言」が調印された。戦後の日本にとって防衛に関する共同宣言は、アメリカ以外では初めてのことであった。これに関連し、防衛外交当局者による定期的な会議(2プラス2)の開催も決定した。一方で、同年、上院で慰安婦問題和解提言決議が採択され、慰安婦制度を「日本の歴史におけるおぞましい出来事」と批判した。

留学生や観光客が日本から訪れているほか、ワーキング・ホリデー協定を最初に締結した国(1980年)であり[37]、現在でも対象国中で高い人気を誇っている。ケアンズやゴールドコーストのサーファーズパラダイスでは、多数の日本人の店員や観光客、日本語の看板も多く目にする。また近年、ケアンズを修学旅行先として選ぶ学校もあるが、増加を続ける外国人観光客のうち、日本人観光客は2006年9月と2007年9月との比較で10%減少し[38]、また来豪日本人数のピークである96〜97年では年間約96万人を数えたが、2010年との比較では最盛期の1/3にまで落ち込んだ[39]

一方、スキー・スノーボード目的の観光客が近年、日本の北海道ニセコに多く訪れている。北海道の雪質が好まれる他、「地理的にさほど離れていない・時差が少ない・季節の逆を利用して楽しめる」等の点が人気のようである。また日本語学習者も多く、有名な観光地では日本語を話すことができる人や日本に留学したり住んでいたりする人も多くいる。日本語学習者は実際数も、総人口に占める日本語学習者の割合もどちらも欧米諸国の中でトップである。ちなみに日本人が当地に初上陸した場所はメルボルンで、2002年の『第22回全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ)の関東大会第一問で取り上げられた。

2018年外務省が実施した世論調査における「オーストラリアにとって今後重要なパートナーとなるのは次のうちどの国か」という設問では、日本は44%でアメリカと同率1位となっている[40]

2018年11月16日、日本の安倍晋三首相第二次世界大戦時にダーウィン空襲がおこなわれたダーウィンを訪問し、スコット・モリソン首相とともに慰霊碑に献花して亡くなった250人以上を追悼した[41]。オーストラリアの地元紙は関連記事を多数掲載して好意的に報じており、地元紙『ノーザンテリトリーニュース英語版』は、安倍首相とモリソン首相がダーウィン空襲犠牲者を含む戦没者慰霊するを訪れ、献花した際の写真を「ライジングサン」の見出しとともに掲載し、別記事では「このすばらしい、歴史的な安倍首相の訪問で、日豪の友好の絆がさらに強まったことをうれしく思う」とする地元交流団体のコメントを掲載し、歴史家の「われわれは決して忘れないが、許すことができる」との寄稿を添えた[42]2020年8月28日、オーストラリアのモリソン首相は、安倍首相が辞任する意向であることを表明したことを受けて「日本はオーストラリアにとり、最も緊密なパートナーのひとつである」「私が首相として最も心を動かされた体験のひとつが、ダーウィンにおける慰霊碑への献花である。安倍首相と並んで立ち、オーストラリアの戦没者に敬意を表すると共に、両国が現在共有する忠誠友情の絆を示し合った。これは、両国が時間をかけて歩んできた長い旅路の象徴的な一歩であった」という声明を発表した[43]

2022年1月6日、日本の岸田文雄首相とオーストラリアのモリソン首相は、オンライン上で行われた首脳会談で日豪円滑化協定に署名した[44]

イギリスとの関係

ニュージーランドとの関係


注釈

  1. ^ 国歌は公式には『Advance Australia Fair』であるが、女王や総督が臨席する場合には『女王陛下万歳』が用いられる。
  2. ^ イギリス側の法であるウェストミンスター憲章とオーストラリア側の法である1942年ウェストミンスター憲章採択法英語版による。1939年9月3日まで遡及して適用。

出典

  1. ^ UNdata”. 国連. 2021年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e IMF Data and Statistics 2021年10月[1]
  3. ^ Constitution of Australia”. ComLaw (1900年7月9日). 2011年8月5日閲覧。 “3. It shall be lawful for the Queen, with the advice of the Privy Council, to declare by proclamation that, on and after a day therein appointed, not being later than one year after the passing of this Act, the people of New South Wales, Victoria, South Australia, Queensland, and Tasmania, and also, if Her Majesty is satisfied that the people of Western Australia have agreed thereto, of Western Australia, shall be united in a Federal Commonwealth under the name of the Commonwealth of Australia.”
  4. ^ Macquarie ABC Dictionary. The Macquarie Library Pty Ltd. (2003). p. 56. ISBN 1-876429-37-2 
  5. ^ Australia”. Oxford Dictionaries. Oxford University Press (2010年4月). 2012年7月26日閲覧。
  6. ^ オーストラリア基礎データ外務省 閲覧2018年1月20日
  7. ^ Data refer mostly to the year 2014. Economic Outlook Database-April 2015, International Monetary Fund. Accessed on 25 April 2015.
  8. ^ Wade, Nicholas (2011年9月22日). “Australian Aborigine Hair Tells a Story of Human Migration”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/09/23/science/23aborigines.html 
  9. ^ European discovery and the colonisation of Australia”. Australian Government:Culture Portal. Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts, Commonwealth of Australia (2008年1月11日). 2010年5月7日閲覧。 “[The British] moved north to Port Jackson on 26 January 1788, landing at Camp Cove, known as 'cadi' to the Cadigal people. Governor Phillip carried instructions to establish the first British Colony in Australia. The First Fleet was under prepared for the task, and the soil around Sydney Cove was poor.”
  10. ^ Davison, Hirst and Macintyre, pp. 157, 254.
  11. ^ Both Australian Aborigines and Europeans Rooted in Africa – 50,000 years ago”. News.softpedia.com. 2013年4月27日閲覧。
  12. ^ Australian Social Trends”. Australian Bureau of Statistics website. Commonwealth of Australia. 2008年6月6日閲覧。
  13. ^ Walsh, Michael (1991) "Overview of indigenous languages of Australia" in Suzanne Romaine (1991). Language in Australia. Cambridge University Press. p. 27. ISBN 978-0-521-33983-4. https://books.google.com/books?ei=LQjdVLuJC8K-ggSYk4HYCg&id=odXuIsxHaOYC&dq=Suzanne+Romaine+%28ed.%29+Language+in+Australia&q=Overview+of+indigenous+languages+of+Australia#v=snippet&q=Overview%20of%20indigenous%20languages%20of%20Australia&f=false 
  14. ^ Geographic Distribution of the Population”. 2012年12月1日閲覧。
  15. ^ この「洲」は四方を海で囲まれた「大洲」すなわち大陸を指している。日本ではクックのオーストラリア大陸発見が、文政年間(1804-1814)に幕府天文方高橋景保によって紹介された。吉野政治「五大州 : 鎖国時代の世界地理認識」『同志社女子大學學術研究年報』第60巻、2009年12月25日、 118(21)–107(32)、 doi:10.15020/00000365
  16. ^ 横山祐典「地球温暖化と海面上昇 -氷床変動・海水準変動・地殻変動ー」/ 日本第四紀学会・町田洋・岩田修二・小野昭編著 『地球史が語る近未来の環境』 東京大学出版会 2007年 50ページ
  17. ^ オーストラリアで発見された象形文字は歴史を書き換えることができます”. Afrikhepri (2019年). 2019年6月8日閲覧。
  18. ^ Gosford Glyphs 1.m4v
  19. ^ Encyclopedia of Australian Wildlife, Steve Parish Publishing, p.120-123, ISBN 9781740212441
  20. ^ Australian Museum. “Megafauna extinction theories - patterns of extinction”. 2010年4月23日閲覧。
  21. ^ : Willem Janszoon
  22. ^ “オーストラリアを発見した日本人”. 産経新聞. (2014年4月8日). オリジナルの2014年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140408150431/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140408/fnc14040803230003-n1.htm 
  23. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,旺文社世界史事典 三訂版,世界大百科事典. “オーストラリアとは” (日本語). コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  24. ^ 世界大百科事典内言及. “ブラック・ウォーとは” (日本語). コトバンク. 2022年6月11日閲覧。
  25. ^ 鈴木 清史 (2010年). “オーストラリアの戸惑い : 2つの巨大貿易国のはざまで (日本とアジアの相互の照射   (PDF)”. 静岡大学人文学部アジア研究センター. 2020年12月17日閲覧。
  26. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,旺文社世界史事典 三訂版,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “白豪主義とは” (日本語). コトバンク. 2022年3月30日閲覧。
  27. ^ バークとウィルズの探検 - [Bun45 オーストラリア辞典 - 大阪大学大学院 西洋史学研究室]”. www.let.osaka-u.ac.jp. 2022年6月11日閲覧。
  28. ^ オーストラリアの首都機能移転”. 国土交通省. 2020年6月11日閲覧。
  29. ^ 豪総選挙 最大野党勝利 9年ぶり政権交代の見通し 地元メディア”. 2022年5月26日閲覧。
  30. ^ 豪で君主制廃止論再燃? 首相「女王退位後に共和制移行を」 AFPBB News(2016年12月19日)2020年2月23日閲覧
  31. ^ : local government act
  32. ^ : local government
  33. ^ : gegional council
  34. ^ THE AUSTRALIAN LOCAL GOVERNMENT GUIDE APRIL 2006』より。
  35. ^ “豪州牛肉、ワイン関税引き下げ…日豪EPA発効”. 読売新聞. (2015年1月15日) 
  36. ^ “日豪EPA発効、牛肉など値下げ機運 小売店はやセール”. 日本経済新聞. (2015年1月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO81997970W5A110C1EA2000 2020年12月30日閲覧。 
  37. ^ ワーキング・ホリデー制度”. 外務省. 2020年12月30日閲覧。
  38. ^ “外国人観光客数、増加 豪ドル高の影響見られず”. JAMS.TV. (2007年11月5日). オリジナルの2009年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090103175935/http://news.jams.tv/jlog/view/id-3238 
  39. ^ “日豪プレス年表”. 日豪プレス. オリジナルの2021年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210426083056/http://www.nichigo.com.au/ja/history/ 
  40. ^ “オーストラリアにおける対日世論調査結果” (PDF) (プレスリリース), 外務省, (2018年12月28日), オリジナルの2021年6月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210616190924/https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000453087.pdf 
  41. ^ “動画:安倍首相、旧日本軍空襲の豪ダーウィン訪問 慰霊碑に献花”. AFP. (2018年11月18日). オリジナルの2018年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181119011717/https://www.afpbb.com/articles/-/3198127 
  42. ^ “安倍首相の初の豪ダーウィン訪問、地元紙は好意的に報道”. 産経新聞. (2018年11月17日). オリジナルの2021年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210630095221/https://www.sankei.com/article/20181117-3WMR3I3QC5IDPCPER2AABOTBUE/ 
  43. ^ “安倍晋三首相への謝意”. 駐日オーストラリア大使館. (2020年8月28日). オリジナルの2020年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200902110343/https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/pr2020_tk07.html 
  44. ^ 日豪円滑化協定の署名” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年1月7日閲覧。
  45. ^ http://adl.brs.gov.au/forestsaustralia/_pubs/sofr2008reduced.pdf
  46. ^ ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』13章「搾取されるオーストラリア」(草思社2005)
  47. ^ a b c オーストラリア・モリソン首相、支持率急落 コロナ、環境問題で逆風” (日本語). 毎日新聞. 2022年1月9日閲覧。
  48. ^ 豚を野に放すとイノシシになる?サイボクハムぶた博物館 2月23日閲覧
  49. ^ サンスマートプログラム在日オーストラリア大使館 2020年2月23日閲覧
  50. ^ オーストラリアとニュージーランドの地方自治
  51. ^ トヨタ、オーストラリアでの生産を終了…54年の歴史に幕 レスポンス(2017年10月3日)2017年10月6日閲覧
  52. ^ オーストラリアにおける農産物の 生産・貿易政策の現状 - ジェトロ(2009年3月)
  53. ^ オーストラリアに於ける米流通と 米先物市場形成の可能性
  54. ^ a b J. Singleton, Paul Robertson, Economic Relations Between Britain and Australia, 1945-1970, Springer, 2001, p.42.
  55. ^ U. S. House Committee on Banking, Finance and Urban Affairs, Foreign Bank Operations and Acquisitions in the United States Hearings, Part. 1. September 1980. pp.936. 938. "Grobal Network of Overseas Branches and Agencies"
  56. ^ Anna Pao Sohmen, Y.K. Pao:My Father, Hong Kong University Press, 2012, p.149.
  57. ^ TheTelegraph Standard Chartered 'white knight' dies By Danielle Rossingh 12:01AM GMT 23 Feb 2004
  58. ^ JOC.com BRUNEI BANK SCANDAL TALKS OPEN Feb 18, 1987
  59. ^ 6つも余罪があった。Peter H. L. Lim, Chronicle of Singapore, 1959-2009:Fifty Years of Headline News, Editions Didier Millet, 2009, p.213.
  60. ^ NationalLibraryBoardSingapore, SingaporeInfopedia Khoo Teck Puat:"National Bank of Brunei controversy"(膨大な出所注のついた信頼性の高い情報ソース)
  61. ^ 上原健太郎 ブルネイ・ダルサラームにおけるイスラーム金融部門の形成とその特徴 イスラーム世界研究 第8巻 2015年3月 pp.194-206.
  62. ^ South China Morning Post, 22 October 1986
  63. ^ ウォールストリート・ジャーナル Cheung Kong Infrastructure to Buy Powercor Australia for $1.35 Billion Updated Aug. 4, 2000
  64. ^ ロイター Firms controlled by Asia's richest man face Australian tax fight Wed Oct 2, 2013
  65. ^ ニューヨーク・タイムズ Li Ka-shing Sweetens Deal for Australian Energy Company JAN 16, 2017
  66. ^ a b Parliament of Australia, HIH Insurance Group collapse, Online Only issued Date 29 November 2001
  67. ^ Australian Gov., The rise and fall of HIH Insurance Group, 2015
  68. ^ a b HIH Insurance Group collapse - Parilament of Australia
  69. ^ Jerry W Markham, A Financial History of Modern U.S. Corporate Scandals:From Enron to Reform, Routledge, 2015, p.511.
  70. ^ ニューヨーク・タイムズ Investigation of Insurance Puts Buffett in a Spotlight, MARCH 28, 2005
  71. ^ The Guardian, A recent history of Australia's banking scandals, 19 April 2018
  72. ^ a b Reserve Bank of Australia, Developments in the Australian Repo Market, Bulletin – September Quarter 2016, Graph2 Repurchase Agreements.
  73. ^ 豪銀で相次ぐ不祥事 コモンウェルス銀に資金洗浄の疑いで調査 日本経済新聞 2017/8/28
  74. ^ ロイター Australia antitrust regulator clears Murdoch to buy Ten Network August 24, 2017
  75. ^ CNN 豪大手銀、死亡した顧客からの手数料徴収認める 2018.04.20
  76. ^ 日経新聞朝刊 豪金融、不正相次ぐ 財務相、取り締まり強化へ 2018/4/26付
  77. ^ NNA ASIA 証投委の「内容なし」手数料、8億$超! 2018/07/03
  78. ^ NNA ASIA 大手4行、王立委による不正指摘に反論も 2018/06/15
  79. ^ Change of Name - Australia Passport Office
  80. ^ 【世界から】「呼ばれたい名前」が自分の名前豪州の夫婦別姓事情、共同通信、2017年4月26日
  81. ^ NCLS Research:NCLS releases latest estimates of church attendance(英文)
  82. ^ APLa オーストラリアの教育
  83. ^ オーストラリア教教育ネットワーク:オーストラリアの教育
  84. ^ Health at a Glance 2013, OECD, (2013-11-21), doi:10.1787/health_glance-2013-en, ISBN 9789264219984 
  85. ^ オーストラリア安全対策基礎データ 海外安全ホームページ
  86. ^ JAMSTV、シドニー人種暴動の記事
  87. ^ オーストラリア人の約1割は人種至上主義者=調査”. ロイター. 2008年9月29日閲覧。
  88. ^ 【オーストラリア】 最近の移民政策をめぐる動向 (PDF)”. 海外立法情報調査室. 2015年6月13日閲覧。
  89. ^ “【アジアの目】豪州「もう難民はお断り!」 カンボジアへの難民移送に「人権侵害」の声も…”. 産経新聞. (2014年10月12日). https://www.sankei.com/article/20141012-46GFLSCTPJKINHSPMR5LCOC7RU/ 2015年6月13日閲覧。 
  90. ^ a b c d マリー・デュミエール (2015年1月20日). “オーストラリア「招かれざる客」を追い払え!”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3521.php 2015年6月13日閲覧。 
  91. ^ “難民に国土を踏ませないオーストラリア”. アムネスティ日本 (ハフィントン・ポスト). (2014年8月13日). http://www.huffingtonpost.jp/amnesty-international-japan/austraria_b_5670534.html 2015年6月13日閲覧。 
  92. ^ “豪州がボート難民締め出しへ、パプアなど第三国へ移送”. AFPBB News. (2013年7月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/2956711?pid=11054563 2015年6月13日閲覧。 
  93. ^ オーストラリア:スリランカ人難民の送還を今すぐ中止に!”. アムネスティ日本. 2015年6月13日閲覧。
  94. ^ a b c 守屋太郎 (2014年7月3日). “スターバックスがオーストラリアから撤退する理由”. 2020年12月30日閲覧。
  95. ^ First global market research project unveils more than one billion cricket fans 国際クリケット評議会 2020年7月3日閲覧。
  96. ^ The Greatest Cricketer of All Time – your votes revealed! BBC. 2020年6月15日閲覧。
  97. ^ Kohli can be the best after Sir Don Bradman Hindustan Times. 2020年6月15日閲覧。
  98. ^ The Independent's 100 sportsmen and women of the 20th century The Independent. 2020年6月15日閲覧。
  99. ^ Pele tops sportsman of the century poll IOL. 2020年6月15日閲覧。
  100. ^ Players by birthplace: Australia Baseball Stats and Info - Baseball-Reference.com2020年3月27日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オーストラリア」に関係したコラム

  • CFDの株価指数と為替との関係

    CFDの株価指数には、日経平均株価(日経225)指数やS&P500種株価指数、イギリス100種株価指数などがあります。これらの株価指数の値動きと為替レートの値動きは連動している場合が多いようです。CF...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オーストラリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーストラリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーストラリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS