ALICEの館とは?

ALICEの館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 15:34 UTC 版)

ALICEの館[注釈 1](アリスのやかた)は、日本のゲームブランド・アリスソフトが販売したアダルトゲームおよびそのシリーズである。本シリーズは1989年7月発売のゲーム『Rance -光をもとめて-』に収録された、制作者による同名のコメントコーナーが発祥となっている[1]。アリスソフトが同年12月に単独作品として『ALICEの館』をリリースした[5]のを皮切りに、短編ゲームや音楽集、アリスソフトが過去に発売したゲーム作品などを詰め合わせた[6]バラエティソフトとしてシリーズ化している[2]




注釈

  1. ^ 資料によっては『アリスの館』と表記されることもある[1][2][3][4]
  2. ^ a b ただし、発売月を1990年2月とする文献も存在する[7]
  3. ^ ただし、1995年発売の『あゆみちゃん物語 実写版』では「アリスの館」ではなく「メガストアの館」というコーナーで収録された[16]。これは雑誌『メガストア』が制作に関わっていたことに由来している[16]
  4. ^ これらの作品はすべてPC-9800シリーズ向けがリリース済みであり、『ALICEの館4・5・6』ではWindows 95への移植版として再リリースされた[3]
  5. ^ アリスソフトから2001年頃までにリリースされた作品のなかには「アリスCD」という付録が付属するものがあった[1]。とりわけ、『人間狩り』はゲーム『SeeIn青 -シーンAO-』・『夜が来る!』・『Only you -リ・クルス-』の3本に付属した「アリスCD」の中に収められていた[25]
  6. ^ 記事本文中では『BugBug 2000年12月号』を参照したが、公式サイトによれば『20世紀アリス』はWindows Meおよび2000にも対応していた[27]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 今俊郎、黛宏和 (2019年8月1日). “【ゲームの企画書】エロゲー業界の重鎮アリスソフトのTADA氏が駆け抜けた現場30年。平成に始まり平成に終わった『Rance』シリーズを完結させた「作り続ける人」が向かう先(1ページ目)”. 電ファミニコゲーマー. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j ごうすと 2000, p. 62.
  3. ^ a b c d e f g h 「アリスの館4・5・6」, 『TECH GIAN 1997年12月号』, p. 28.
  4. ^ 「よくわかる美少女ゲーム 傾向と対策編 D・P・S SG」, 『美少女ゲーム最前線パート5』, p. 28.
  5. ^ a b c d e 前田 2016, p. 123.
  6. ^ a b c d e 宮本 2017, p. 147.
  7. ^ 「1982-1990 美少女ゲーム黎明期(作品年表)」, 『パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000』, p. 52.
  8. ^ a b c アリス2010 初回生産限定”. Getchu.com. 2011年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  9. ^ a b 「1991-1996 美少女ゲーム成長期(作品年表)」, 『パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000』, p. 81.
  10. ^ a b c 前田 2016, p. 124.
  11. ^ a b 「1991-1996 美少女ゲーム成長期(作品年表)」, 『パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000』, p. 84.
  12. ^ a b c 前田 2016, p. 126.
  13. ^ a b 「1997-2000 美少女ゲーム全盛期(作品年表)」, 『パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000』, p. 146.
  14. ^ a b 「20世紀アリス」, 『BugBug 2000年12月号』, p. 110.
  15. ^ a b c ALICEの館7”. Getchu.com. 2015年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  16. ^ a b 八霧 2006, p. 74.
  17. ^ a b 福山幸司 (2019年6月7日). “平成元年に始まり平成で終わった美少女ゲーム『ランス』シリーズを振り返る。各種文献から見るアリスソフトとTADA氏の軌跡”. 電ファミニコゲーマー. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  18. ^ a b 「今世紀ラストにアリスが贈る、美少女ゲームのTOY BOX 20世紀アリス」, 『電撃姫SPECIAL 2000年&2001年美少女ソフトカタログ』, p. 58.
  19. ^ 太田 (2010年10月29日). “KYOSHOアリスモータースをアリスちゃんが傘を持って応援!”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). オリジナルの2017年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170630022536/http://ascii.jp/elem/000/000/566/566632/ 2020年1月29日閲覧。 
  20. ^ a b c d e ロットアップ(生産終了)ソフトカタログ”. アリスソフト. 2005年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  21. ^ 「1991-1996 美少女ゲーム成長期(作品年表)」, 『パソコン美少女ゲーム歴史大全1982‐2000』, p. 80.
  22. ^ a b ALICESOFTの歴史”. アリスソフト. 2006年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  23. ^ アリスソフト アーカイブスで配布されているゲームデータで確認可能。2020年1月26日閲覧。
  24. ^ 著作権ガイドライン”. ALICESOFT. 2020年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  25. ^ a b アリスCD”. アリスソフト. 2005年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  26. ^ 「今世紀ラストにアリスが贈る、美少女ゲームのTOY BOX 20世紀アリス」, 『電撃姫SPECIAL 2000年&2001年美少女ソフトカタログ』, p. 59.
  27. ^ これD.P.S.?”. アリスソフト. 2001年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月4日閲覧。
  28. ^ アリス2010”. アリスソフト. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  29. ^ 「次代を走るブランドは過去の歴史から見えてくる……」, 『コンプティーク 2001年7月号』, p. 62.
  30. ^ a b 川崎政一郎 (2013年11月30日). “あのシナリオをどうやって3DSに? 20年の時を経て甦る「闘神都市」の疑問を,イメージエポック・御影氏とアリスソフト・TADA氏に聞いてきた(2ページ目)”. 4Gamer.net. Aetas. 2020年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  31. ^ 「常に守りに入らない老舗ブランド アリスソフト」, 『美少女ゲームマニアックス』, p. 42.
  32. ^ はまぐち 2000, p. 162.
  33. ^ 宮本 2017, pp. 147 - 148.
  34. ^ Au Yeung Yu Leung (2017年7月11日). “香港ガリ勉眼鏡っ娘ゲーマー第8回!恋する女子ゲーマー(後編)と「小娘編集長」への道”. IGN JAPAN. 産経デジタル. 2015年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  35. ^ 全国美少女ソフト売り上げランキング TOP50 PC NEWS No.66( 12/4~12/31)”. PC NEWS. PEAKS. 2005年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月9日閲覧。
  36. ^ ●2004年・12月セールスランキング!”. Getchu.com. 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  37. ^ ●2004年・年間セールスランキング!”. Getchu.com. 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  38. ^ 全国美少女ソフト売り上げランキング TOP50 PC NEWS No.162(12/01~12/31)”. PC NEWS. PEAKS. 2005年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月9日閲覧。
  39. ^ ●2009年・12月セールスランキング!”. Getchu.com. 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  40. ^ ●2009年・年間セールスランキング!”. Getchu.com. 2018年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  41. ^ システム部門”. Getchu.com. 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  42. ^ 【投票結果発表】げっちゅ投票「このゲームは“絶対”プレイしとけ!!」ユーザーランキング2009年決定版-番外編-”. Getchu.com (2010年3月12日). 2020年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。


「ALICEの館」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ALICEの館」の関連用語

ALICEの館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ALICEの館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのALICEの館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS