.htaとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > .htaの意味・解説 

HTA

フルスペル:HTML Applications, HTML Application
別名:HTMLアプリケーション

HTAとは、ダイナミックHTMLDHTML)の機能利用して、Windows向けのアプリケーション作成する技術のことである。Internet Explorer 5.0から利用可能となっている。

HTAはHTML機能ベースとしているので、テキストエディタなどでHTML記述する感覚アプリケーション作成が可能である。例えば、Visual Basicなどで開発するアプリケーションプロトタイプなどを簡易作成する、といったことが可能である。HTMLファイル拡張子を「.html」から「.hta」に変更することで、Internet ExplorerはHTAのファイルとして認識する。

なお、HTA固有のタグいくつか定義されており、HTMLヘッダー領域記述することで細かなスタイル指定などが可能である。


参照リンク
HTML Applications 概要 - (マイクロソフト
HTA Developers Center - (Microsoft TechNet

.hta

読み方エイチティエー

.htaとは、HTML言語によって記述されたアプリケーションファイルに付く拡張子のことである。


HTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/26 04:30 UTC 版)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.htaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.htaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリHTAの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.htaの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのHTA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS