骨シンチとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 乳がん用語 > 骨シンチの意味・解説 

骨シンチ(こつしんち)

骨シンチとは放射性医薬品を使う骨の核医学検査です。がんが骨に転移ていないかを調べます。この検査に用いられる放射線をだすラジオアイソトープ(RI)が含まれていて骨の代謝反応が盛んな所に集まります。そのため、骨の腫瘍や骨の炎症骨折診断できます乳がんでは、骨転移が疑われる時や、骨転移治療の経過を見るときに行います。
検査方法は、まず注射をし、約3時間ほどして骨に充分くすりが集まった頃に画像をとります。仰向けに寝て、2040分で終わります。きれいな画像をとるために、検査前にトイレ行き膀胱空っぽにして、検査中は動かないようにします。

骨転移



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「骨シンチ」の関連用語

骨シンチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



骨シンチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2019 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS