青紫木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 青紫木の意味・解説 

せいしぼく (青紫木)

Excoecaria cochinchinensis

Excoecaria cochinchinensis

アメリカ大陸を除く世界熱帯地域原産です。古くから観葉植物として栽培されています。表面が濃い緑色で、裏面赤紫色です。夏に目立たない花をつけます。有毒植物で、からでる乳液毒矢に使われたそうですそのため東南アジアでは「盲目の木(Blindness tree)」と呼ばれています。
トウダイグサ科セイシボク属常緑低木で、学名Excoecariacochinchinensis。英名は Chinese croton
トウダイグサのほかの用語一覧
コミカンソウ:  飴玉の木
シラキ:  南京黄櫨  白木
セイシボク:  青紫木
タカサゴコバンノキ:  大島小判の木  洋種小判の木
ダレカンピア:  モーブリボン

青紫木

読み方:セイシボク(seishiboku)

トウダイグサ科園芸植物

学名 Excoecaria cochinchinensis




青紫木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青紫木」の関連用語

青紫木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青紫木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS