集合精神 (サイエンス・フィクション)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 集合精神 (サイエンス・フィクション)の意味・解説 

集合精神 (サイエンス・フィクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 16:13 UTC 版)

集合精神 (: group mind) または集合自我 (: group ego) は、サイエンス・フィクション (SF) に登場する概念であり、複数の個体がひとつの意識を共有している状態を意味する。その起源は定かではないが、少なくともオラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』(1930年)まで遡ることができる[1]。集合精神は、人々が脳と脳を何らかの手段で直結する通信方法を入手するなど人工的なテレパシー(telepathy)によって形成される場合もある。ハイブマインド(hive mind)は集合精神の一種であるが、各個体の個性がほぼ完全に失われている点が特徴とされる。SF小説で描かれる集合精神はハイブマインドであることが多い。集合精神やハイブマインドの概念はアリハチの実在する超個体の知性版と見ることができる。




「集合精神 (サイエンス・フィクション)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「集合精神 (サイエンス・フィクション)」の関連用語

集合精神 (サイエンス・フィクション)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



集合精神 (サイエンス・フィクション)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの集合精神 (サイエンス・フィクション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS