鈴木鷹夫とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 鈴木鷹夫の意味・解説 

鈴木鷹夫

鈴木鷹夫の俳句

千年杉の千年前の夏の雨
吊されし鮟鱇何か着せてやれ
 

鈴木鷹夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:29 UTC 版)

鈴木 鷹夫(すずき たかお、1928年9月13日 - 2013年4月10日)は、俳人。本名・昭介。東京生。1948年より作句し、翌年石田波郷の「」に入会。1961年「鶴」同人。波郷の没後、1971年に能村登四郎の「」に移り、1972年「沖」同人。1989年「門」を創刊・主宰。2005年『千年』により俳人協会賞受賞。他の句集に『渚通り』『風の祭』『春の門』『鈴木鷹夫句集』『カチカチ山』など、小説に『風騒の人 若き日の宝井其角』がある。




「鈴木鷹夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木鷹夫」の関連用語

鈴木鷹夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木鷹夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木鷹夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS