詰まらないとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(程度) > 詰まらないの意味・解説 

つまら◦ない【詰(ま)らない】

連語動詞「つまる」の未然形打消し助動詞「ない」》

おもしろくない興味をひかない。「―◦ない映画

とりあげ価値がない。大したものではない。「―◦ないものですが、お収めください

意味がない。ばかげている。「―◦ないうわさ話時間をつぶす

それだけかいがないひきあわない。「ここでやめたらそれこそ―◦ない」

[用法] つまらない・くだらない――「大金をはたいてつまらない(くだらない買い物をした」「あんなつまらない(くだらない人間とは付き合うな」など、価値のない意では相通じて用いられる。◇「つまらない」は、そのもの対す評価というより、心がひかれない、楽しめないという状態を言う。「内容はよいが、つまらない映画」◇「くだらない」はある物の評価が低いことに重点があり、楽しさおもしろさとは別である。「この映画くだらないが、おもしろい」◇「独りぼっちはつまらない」とは言うが、「独りぼっちくだらない」とはふつう言わない。


詰まらない

読み方:つまらない

ラ行五段活用動詞「詰まる」の未然形である「詰まら」に、打消助動詞「ない」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詰まらない」の関連用語

詰まらないのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



詰まらないのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS