覚束ないとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 覚束ないの意味・解説 

覚束ない

読み方:おぼつかない

たよりない上手くいくかどうか不安にさせる。ぼんやりしている。「覚束ない」は当て字

おぼつか‐な・い【覚束無い】

[形][文]おぼつかな・し[ク]

物事成り行き疑わしいうまくいそうもない。「昨年並み収穫は―・い」「今の成績では合格は―・い」

はっきりしないあやふやである。「―・い記憶をたどる」

しっかりせず、頼りない。心もとない。「足もとが―・い」「―・い手つき」

はっきり見えないで、ぼんやりとしている。

「門上のに、―・い灯(ひ)がともって」〈芥川偸盗

ようすがはっきりせず、不安である。気がかりだ。

「―・く思ひつめたること、少しはるかさむ」〈伊勢九五

不審である。おかしい。

「やや久しくものも言はでありければ、人ども―・く思ひけるほどに」〈宇治拾遺・一〉

疎遠相手のようすがわからない

「かのわたりには、いと―・くて、秋暮れ果てぬ」〈源・末摘花

待ち遠しい。もどかしい

返り事せずは―・かりなむ」〈堤・虫めづる姫君

[派生] おぼつかながる[動ラ五]おぼつかなげ形動おぼつかなさ[名]



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「覚束ない」の関連用語

覚束ないのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



覚束ないのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS