西島麦南とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 西島麦南の意味・解説 

西島麦南


西島麦南

西島麦南の俳句

雁高し芭蕉を破る風の爪
雪めがね柩車音なく過ぎゆけり
雪国の春こそきつれ蕗の薹
雪折の笹青々とみずきけり
雪達磨とけゆく魂のなかりけり
霜の屋根見え山ふかく大厦あり
霧雨にぬるゝそびらや牛蒡ほり
青々とまびき束ねぬ唐がらし
青富士の裾のキャンプにめざめたる
静脈のほのかなる手に檸檬きる
風の百合雌蕊受粉のよろこびを
颱風の息づく雨は篠つけり
魞挿すや陸の雪景日に穢れ
鰈干す風に小米花の咲きにけり
鳳仙花露の香あまく日に濡れぬ
麦秋の亡者を埋むる土の音
黒鯛つりに虹たつ涛のしづまれる
 

西島麦南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 09:15 UTC 版)

西島 麦南(にしじま ばくなん、1895年1月10日 - 1981年10月11日)は、熊本県出身の俳人。本名西島九州男(にしじま くすお)。熊本県鹿本郡植木町(現・熊本市北区植木町)生まれ。済々黌卒業[1]1915年、「雲母」の前身「キラヽ」に参加。1916年武者小路実篤の「新しき村」に参加し、1923年まで農耕に従事。のち上京し飯田蛇笏に師事。俳壇的成功には無欲で、自ら「生涯山廬門弟子」と称し、蛇笏の没後も飯田龍太を助け「雲母」一筋の俳人として活動。蛇笏の好みを受け継ぎ格の高い句を作った。また戦後は岩波書店に勤め30年以上在職、「校正の神様」とたたえられた。1965年文化人間賞受賞。句集に『金剛纂』『人音』『西島麦南全句集』がある。


  1. ^ 熊本日日新聞社編纂・発行 『熊本県大百科辞典』、1982年、625頁


「西島麦南」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西島麦南」の関連用語

西島麦南のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



西島麦南のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西島麦南 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS