衣被とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 衣被の意味・解説 

きぬ‐かずき〔‐かづき〕【被】

平安時代ごろから、上流婦人外出するとき、顔を隠すために衣をかぶったこと。またその衣や、それをかぶった女性中世以降単衣(ひとえ)の小袖(こそで)を頭からかぶり、両手支えて持った。かずき。

「―を脱がせて、おもてをあらはにして」〈著聞集一二

(いわし)をいう女房詞


衣被

読み方:キヌカズキ(kinukazuki)

外出時に婦人頭からかぶる衣。


衣被

読み方:きぬかつぎ

  1. 1 昔時貴婦人外出の折被る服をいふより転じて包茎隠語となれり。2 の別名、女詞。

衣被

読み方:きぬかつぎ

  1. 衣被。包茎の一称。隠語。「すぼけ」「かはかむり」に同じ。
  2. 包茎のこと。
  3. 包茎のこと。〔風流
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

衣被

読み方:キヌカツギ(kinukatsugi)

サトイモを皮つきのままゆでたもの

季節

分類 人事



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衣被」の関連用語

衣被のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



衣被のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS