置き肥とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 園芸用語 > 置き肥の意味・解説 

置き肥

肥料施し方のひとつで、おもにコンテナ栽培で、鉢土の表面固形乾燥させた肥料を置くこと。またその肥料水やりのたびに少しずつ溶けだしゆつくりと長い間肥効がある。緩効性の化成肥料固形有機質肥料を使う。

置き肥

「おきごえ」または「おきひ」と読む。
コンポスト植え込み材料の上に、固形肥料玉肥)、粉末肥料粒状肥料を置くこと。また、その肥料有機質肥料無機質肥料がある。
ラン肥料与え留意点
肥料新芽リード)のそばには置かず、新芽反対側に置く。
洋ランには、「元肥」(肥料コンポスト中に入れ込むこと)は行わない。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「置き肥」の関連用語

1
78% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
34% |||||

5
2% |||||

置き肥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



置き肥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M

©2021 Weblio RSS