立山竜胆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 竜胆 > 立山竜胆の意味・解説 

たてやまりんどう (立山竜胆)

Gentiana thunbergii var. minor

Gentiana thunbergii var. minor

Gentiana thunbergii var. minor

Gentiana thunbergii var. minor

Gentiana thunbergii var. minor

わが国固有種で、本州中部地方以北から北海道分布しています。日本海側亜高山帯から高山帯高層湿原生え、高さ5~10センチになります。「ハルリンドウ」の高山変種で、花茎の数が少ないのが特徴です。6月から7月ごろ、先に淡青色の花を咲かせます。花後は、奇妙なかたちをした淡い黄白色の果実となります。
リンドウ科リンドウ属多年草で、学名Gentiana thunbergii var.minor。英名はありません。
リンドウのほかの用語一覧
リンドウ:  当薬竜胆  御山竜胆  春竜胆  立山竜胆  竜胆  筆竜胆  苔竜胆

立山竜胆

読み方:タテヤマリンドウ(tateyamarindou)

リンドウ科多年草高山植物

学名 Gentiana thunbergii f.minor




立山竜胆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立山竜胆」の関連用語

立山竜胆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



立山竜胆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS