磯貝碧蹄館とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 磯貝碧蹄館の意味・解説 

磯貝碧蹄館

磯貝碧蹄館の俳句

人肉を喰ふ雲の出づ潮干潟
天へ向く千枚通し鳥渡る
暦日の心音個個に桃の花
王と浮塵子へ軽重ひかりは楽伴ふ
現在も稚拙な愛なり氷菓を木の匙に
神曲踊る鬼の麤皮西日脱ぐ
首に一本幣刺し前世の瀧明り
 

磯貝碧蹄館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:20 UTC 版)

磯貝 碧蹄館(いそがい へきていかん、1924年3月19日 - 2013年3月24日[1])は、俳人書家




「磯貝碧蹄館」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磯貝碧蹄館」の関連用語

磯貝碧蹄館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



磯貝碧蹄館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磯貝碧蹄館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS