牡丹駅 (新北市)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 牡丹駅 (新北市)の意味・解説 

牡丹駅 (新北市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 00:34 UTC 版)

牡丹駅(ぼたんえき)は台湾新北市双渓区にある台湾鉄路管理局(台鉄)宜蘭線双渓駅が管理する簡易駅であり[1]、台鉄では数少ない硬券の切符を販売していた(2017年8月まで)。




  1. ^ a b c 牡丹站(臺灣鐵路管理局)
  2. ^ 鉄道省 (1937-11-30). 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在. 国立国会図書館. p. 521. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1207554 
  3. ^ a b c 牡丹車站(驛站之旅)
  4. ^ (繁体字中国語)牡丹站、大溪站改無人招呼站後 台鐵局這麼做2017年9月3日,台灣蘋果日報
  5. ^ (繁体字中国語)臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會 (1947年5月). 臺灣鐵路業務統計要覽 民國35年度. 臺灣省行政長官公署交通處鐵路管理委員會. p. 頁28. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=007_001_0000408093 
  6. ^ (繁体字中国語)102年新北市交通統計年報”. 新北市政府交通局 (2014年6月). 2019年6月30日閲覧。
  7. ^ 103年報 各站客貨運起訖量”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  8. ^ 104年報 各站客貨運起訖量”. 2016年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  9. ^ 105年報 各站客貨運起訖量”. 2017年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。 臺灣鐵路管理局
  10. ^ 106年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月5日閲覧。
  11. ^ 107年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2019年5月25日閲覧。
  12. ^ 108年報 各站客貨運起訖量 Volume of Passenger & Freight Traffic”. 臺灣鐵路管理局. 2020年5月13日閲覧。


「牡丹駅 (新北市)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牡丹駅 (新北市)」の関連用語

牡丹駅 (新北市)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牡丹駅 (新北市)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牡丹駅 (新北市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS