漢語の読みとは? わかりやすく解説

漢語の読み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 15:17 UTC 版)

放送用語」の記事における「漢語の読み」の解説

放送開始されると、アナウンサーのことばの「誤り」について様々な意見寄せられるが、多く漢語漢字語読みについてであったこれらの状況は、当時においては漢語の読みに相当の「ゆれ」があった事が原因と考えられる一例としては、「暗中模索」について同委員会作成した資料同時期和英大辞典は「アンチューモサク」としているが、同時期広辞苑には「アンチューボサク(正しくはアンチューバクサク)」と記されている。このような読みのゆれは366目に及ぶとされるが、同委員会多くの資料吟味して慎重に審議しつつ、その決定伝統的な読みよりも全体的な規則性重視した新し読み統一しようとする傾向みられるまた、その決定は現在に継承されているものも多い。

※この「漢語の読み」の解説は、「放送用語」の解説の一部です。
「漢語の読み」を含む「放送用語」の記事については、「放送用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漢語の読み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

漢語の読みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漢語の読みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの放送用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS