漢語としての中観とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 漢語としての中観の意味・解説 

漢語としての中観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 18:24 UTC 版)

中観派」の記事における「漢語としての中観」の解説

岩波仏教辞典では中観とは、有無、断常(断見常見)といった極端な考え方(二辺)を離れて物事自由に見る視点意味するとしている。広説仏教大辞典では、中観と同じ意味の語に中道観があるとし、総合仏教大辞典では中道観は中道観じることを指すとしている。 赤羽によれば、「中観」という漢語呼称は、三論宗吉蔵が、羅什訳『中論』を「中観論」と呼び同書に対する注釈書中観論疏』を著したのが始まりである。また義浄は『南海寄帰内法伝』においてMādhyamika学派を「中観」と呼んでいる。

※この「漢語としての中観」の解説は、「中観派」の解説の一部です。
「漢語としての中観」を含む「中観派」の記事については、「中観派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漢語としての中観」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

漢語としての中観のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漢語としての中観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中観派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS