温山荘園浜座敷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 温山荘園浜座敷の意味・解説 

温山荘園浜座敷

名称: 温山荘園浜座敷
ふりがな おんざんそうえんはまざしき
登録番号 30 - 0028
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造平屋建瓦葺建築面積98
時代区分 大正
年代 大正2
代表都道府県 和歌山県
所在地 和歌山県海南市船尾矢ノ島370-1
登録基準 再現することが容易でないもの
備考(調査):
施工者
解説文: 敷地南端黒江湾を臨む位置小さな山を背にして建つ。L字形平面を持つ平屋建本瓦葺建物で,内部にはトコ備えた十畳の座敷がある。湾に面する側の外観は,寺院風の妻飾をみせ,縁束のばして懸造風につくるなど独特の意匠になる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

温山荘園浜座敷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



温山荘園浜座敷のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2024 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS