浜岡原発の永久停止決議とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 浜岡原発の永久停止決議の意味・解説 

浜岡原発の永久停止決議

読み方:はまおかげんぱつのえいきゅうていしけつぎ
別名:浜岡原発永久停止決議

静岡県御前崎市立地する中部電力浜岡原子力発電所における運転継続是非について、議会が「永久停止すべき」との見解可決すること。

浜岡原発から10キロメートル圏内にある静岡県牧之原市市議会が、2011年9月26日開かれた議会で、浜岡原発永久停止決議した。なお、浜岡原発2011年8月政府要請を受けて全炉が運転停止中である。

浜岡原発は、近く発生予測されている「東海地震」の想定震源域のただ中に位置している。敷地内には「H断層系」と呼ばれる断層もあり、事前調査で安全と評価されているものの、懸念材料となっている。牧之原市議会は、「浜岡原発は確実な安全・安心が将来わたって担保されない限り永久停止にすべき」との見解明らかにした。

なお、浜岡原発から10キロメートル県内にあり、中部電力と安全協定を結んでいる自治体は、牧之原市と、施設立地する御前崎市含めて、計4市ある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

浜岡原発の永久停止決議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浜岡原発の永久停止決議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS