浮体式構造物とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 浮体式構造物の意味・解説 

浮体式構造物

読み方:ふたいしきこうぞうぶつ

箱型浮体ポンツーン)を連結して水上に浮かべた構造物のこと。特に大型の浮体式構造物は「メガフロート」と呼ぶ。防災基地歩道橋道路橋レジャー施設などに使われる。

浮体式構造物の特徴は、地震影響軽微であること、などの海洋生物への影響軽微であること、埋立よりも工期短期間であること、移動改修比較的容易であることなどが挙げられる。

なお、浮体式構造物の1つだった静岡県静岡市の「清水港海づり公園」は2011年4月福島第一原子力発電所汚染水収容施設として活用されることになり福島県沖移動した。

ちなみに、浮体式構造物の主なレジャー施設には、長崎県ハウステンボスリゾートの「大航海体験館」、神奈川県江ノ島水族館の「海のパビリオン」などが挙げられる。

関連サイト
清水港海づり公園 - 海釣り公園.com
ハウステンボスリゾート


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浮体式構造物」の関連用語

浮体式構造物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浮体式構造物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS