残波岬灯台とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 残波岬灯台の意味・解説 

残波岬灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/02 14:37 UTC 版)

残波岬灯台(ざんぱみさきとうだい)は、沖縄県中頭郡読谷村の残波岬突端に立つ白亜の大型灯台。周辺には、沖縄海岸国定公園に指定され、高さ30m-40mにも及ぶ断崖絶壁が約2kmも続く雄大な景観が広がる[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j 公益社団法人燈光会”. 2019年4月29日閲覧。
  2. ^ 平成24年度事業報告 (PDF)”. 一般社団法人燈光会. 2014年7月12日閲覧。
  3. ^ 一般社団法人燈光会ホームページWhat's New欄”. 2014年7月12日閲覧。
  4. ^ 残波岬灯台の参観再開について”. 読谷村商工観光課 (2014年11月28日). 2014年7月12日閲覧。
  5. ^ 残波岬公園”. 読谷村. 2014年7月12日閲覧。


「残波岬灯台」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「残波岬灯台」の関連用語

残波岬灯台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



残波岬灯台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの残波岬灯台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS