手を繋ぐとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 手を繋ぐの意味・解説 

手をつなぐ

読み方:てをつなぐ
別表記:手を繋ぐ

互いに相手の手握ること握られ手で握り返している様子意味する語。協力する協調するといった意味で用いられることも多い。同じ意味合いの語に「手を組む」「手を取り合う」などもある。

手を繋ぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 04:34 UTC 版)

ICO (ゲーム)」の記事における「手を繋ぐ」の解説

プレイヤーは「手を繋ぐ」操作割り当てられボタン押し続けることで、主人公ヒロインの手引かせ移動することができ、逆にボタン離すことでヒロインその場待たせて主人公単独で行動させることができる。ヒロイン主人公離れている時には同じ操作ヒロイン呼びかけることができ、主人公近くで来るようにと指示したり、ヒロイン単独で乗り越えられない段差飛び越えられない崖で手を差し伸べたりすることができるヒロイン主人公と比べて移動できる経路限られており、あまり高い所から飛び降りることができず、壁や鎖に捕まったよじ登ったりすることもできない一方で主人公単独で行動すれば行動範囲大きく広がるものの、主人公ヒロインから一定時間離れていると、どこからともなく出現した敵ヒロイン連れ去りゲームオーバーとなってしまう。このためプレイヤーは、ヒロインから離れ過ぎない範囲主人公先行させて仕掛け解きヒロイン移動できる経路確保しながら、ヒロイン誘導し手を引いて先に進んでいかなければならないこうしたゲームシステムプレイヤーに対しヒロイン守ろうとする主人公への感情移入促すような内容にもなっている。 物語終盤では、主人公ヒロイン引き裂かれる展開となり、主人公身体能力駆使しなければ進めない足場連続するステージ登場する。このときヒロイン呼びかける操作を行うと、視点移動して次に進むべき目標指し示す

※この「手を繋ぐ」の解説は、「ICO (ゲーム)」の解説の一部です。
「手を繋ぐ」を含む「ICO (ゲーム)」の記事については、「ICO (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「手を繋ぐ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「手を繋ぐ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

手を繋ぐのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手を繋ぐのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのICO (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS