慮ったとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 慮ったの意味・解説 

慮った

読み方:おもんぱかった

ラ行五段活用動詞慮る」の連用形である「慮り」の促音便形に、過去・完了存続確認助動詞「た」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

慮った

読み方:おもんぱかった

慮る」(おもんぱかる)に助動詞「た」のついた表現

慮る」は、よくよく考える、思い巡らせる、といった意味合いの、やや固め表現特定のニュアンス加え漢字伴って思慮深慮考慮熟慮配慮憂慮といった漢語表現で用いられることが多い。

よく考え巡らすという意味では「忖度」(そんたく)と共通する部分少なくない忖度は「相手の表に出ていない心裡察する」という意味合いが主であり、「慮る」は内心察するという意味とは限らず、むしろ「周囲状況をよく見て充分判断する」という意味合いで用いられる場合が多い。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「慮った」の関連用語

慮ったのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



慮ったのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS