嵌張待ちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 嵌張待ちの意味・解説 

嵌張待ち

読み方:かんちゃんまち
別表記:カンチャン待ち

麻雀で、雀頭と3面子できあがり、残された2牌が嵌搭子の状態のこと。例えば、マンズが3、5とある状態やピンズが7、9とある状態などが挙げられる。

聴牌

(嵌張待ち から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 05:24 UTC 版)

聴牌テンパイ)は、麻雀において、和了(アガリ)に必要なが残り1枚となった状態のこと。また、この状態になることをテンパる、あるいは張るという。転じて興奮する、浮き足立つ、パニックを起こすといった意味に使われることもある。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嵌張待ち」の関連用語

嵌張待ちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嵌張待ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの聴牌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS