奇胎妊娠とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 妊娠 > 奇胎妊娠の意味・解説 

奇胎妊娠

【仮名】きたいにんしん
原文molar pregnancy

卵子精子による受精後に栄養膜細胞子宮への胚の付着胎盤形成助け細胞)から増殖の遅い腫瘍発生する病態。奇胎妊娠では、多数嚢胞液体のつまった袋状の組織)が形成される。通常良性(がんではない)であるが、周辺組織に拡がっていく場合侵入奇胎)もある。さらに、絨毛がん呼ばれる悪性腫瘍発展する可能性もある。奇胎妊娠は、妊娠性絨毛腫瘍のなかで最もよくみられる種類のものである。「hydatidiform mole胞状奇胎)」とも呼ばれる





奇胎妊娠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「奇胎妊娠」の関連用語

奇胎妊娠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

片男波海水浴場

立方骨

クルーズ客船

PC-9801N

テリジノサウルス・ケロニフォルミス

合わせ包み

チンストラップ

鬱金





奇胎妊娠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS