大泉門とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 泉門 > 大泉門の意味・解説 

大泉門

読み方だいせんもん
【英】:Fonticulus anterior,Anterior fontanelle

Fonticulus anterior直訳すれば前頭泉門となるが日本語では大泉門が用いられている。左右前頭骨部分および左右頭頂骨により境される。冠状縫合矢状縫合前頭縫合の間にある最大菱形泉門で、生後1年半ないし2年閉鎖体表から触知できなくなるのがふつうである。

大泉門 (だいせんもん)

ひたいの上部にある、骨と骨の継ぎ目部分ママが触ると「ぺこぺこしている」と感じ部分です。形はひし形です。人間頭蓋骨左右前面などいくつかのパーツ分かれており、生まれたばかり赤ちゃんは骨の継ぎ目部分のすき間が空いています。分娩時にはこのすきま部分利用して骨と骨が重なり合い、頭のサイズ小さくして狭い産道通ります。ちなみに後頭部にあるすきま部分は「小泉門しょうせんもん)」といいます。形は三角形です。



大泉門と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大泉門」の関連用語

大泉門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大泉門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2019 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2019 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS