メカニカルキーボードとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > メカニカルキーボードの意味・解説 

メカニカル‐キーボード【mechanical keyboard】


メカニカルキーボード

別名:メカニカル式キーボード
【英】mechanical keyboard

メカニカルキーボードとは、キーボードキーごとに独立したスイッチ機構備わっているキーボードのことである。

メカニカルキーボードの主な特徴として、剛性耐久性優れる(壊れにくい)、押下入力しっかりとした手ごたえがあるといった点を挙げることができる。構造が複雑であるため、重く、また高価になりやすい。どちらかと言えば上級者向けのキーボードとして認知されている。

メカニカルキーボードの代表的ブランドとしてZF Electronicsの「Cherry」がある。Cherryブランドキーボードにはキースイッチ機構が「黒軸」「赤軸」「白軸」「茶軸」「青軸」とタイプ分けされており、それぞれタイピング時の感触などが異なる。

キーボード機構による分類としては、メカニカルキーボードの他に、メンブレン式キーボードパンタグラフ式キーボードなどがある。昨今PC周辺機器として付属するキーボードは、これらメンブレン式キーボードパンタグラフ式キーボードである場合が多い。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メカニカルキーボード」の関連用語

メカニカルキーボードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メカニカルキーボードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメカニカルキーボードの記事を利用しております。

©2021 Weblio RSS